Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 01月 14日

ふじのくに田子の浦みなと公園(3)

日本一の標高差が味わえる田子の浦。

そこから富士山を撮影するということは、即ちほぼ真北を向いて撮影する訳なんです。

と言うことは、そこから夜景を撮影すれば、富士山の上空に北極星が来る訳で、以前から挑戦してみたかったある星景写真に挑戦です。

富士山を合わせた星景写真は前にも撮ってますが、今までは星が斜めに流れる写真だけで、星が円を描くぐるぐる写真は狙った事がなかった。

それをこの田子の浦で叶えるべくやって来たんですが、肉眼では富士山の上空(北側)に星はほとんど見えません。

東の空にはクッキリとした冬を代表するオリオン座や、真上にもカシオペアなどが見えている。

富士市街の明かりで北の空は見えづらくなってはいるけど、比較明合成写真は少〜しでも星が写っていれば良いので、この条件でトライします。

広角レンズでの撮影なので、星を流すのはより時間がかかります。日が落ちてすっかり暗く寒くなったドラゴンタワーの最上部、

寒風に耐えながら約40分のインターバル撮影を行いましたが、北極星が富士山よりかなり上空にあったのでフレームには入っていませんでした。

薄々感じてはいましたが、北極星を写すにはもっと麓に近づかないといけないですね。ロケハンしなければ・・・。

それと航路が多くて飛行機の軌跡がいっぱいになってしまいました。

写真は2つあって、ひとつは比較明合成前の写真1枚1枚に写る飛行機を地道に消したもの。

もうひとつは消さずにコントラストを強めにして、空を暗めにしたものです。

満月の夜ならもっと富士山がハッキリとしてくるんだろうな。日も選ばなければいけませんね。星景写真まだまだだと実感。

また冬の空気がキレイな内に挑戦したいと思います!


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ


<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_16112982.jpg
f0157812_16112928.jpg


by ymgchsgnb | 2019-01-14 08:54 | photo | Comments(0)


<< さわやかのげんこつハンバーーーグ      ふじのくに田子の浦みなと公園(2) >>