Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2014年 07月 09日 ( 1 )


2014年 07月 09日

西穂高岳へ岩稜歩き 〜 西穂独標

西穂山荘からは、すぐに稜線歩きが始まるのかと思っていた。
しかし山荘から見上げると、裏山に登る感じというか、結構な勾配なのだった。
大きくて丸い岩がゴロゴロとしていて、ここまでの道程にはない感じだ。
しかしそんな岩石帯も長くは続かないで、ほんの一瞬でハイマツ帯の稜線に出た。

視界は一気に360度開けて、行く手には西穂へのギザギザ&ワクワクの岩稜帯。後方には焼岳。
東側には大正池が見下ろせます。
そしてすぐに標識が見えた。山荘からほんの10分で西穂丸山(2,452m)に到着です。
丸山の標識は、笠ヶ岳をバックに記念撮影できるように、この向きになってるのかな?
しかし笠ヶ岳は、朝からその稜線を見せてはくれなかった。

ザックも下ろさず、休憩もしないで、次を目指すことにした。
西穂丸山から見ると、長い登りが続いている。大きく息をついて気合いを入れ、登りに差し掛かった。
ハイマツの山を這う登り龍の如く、ガレ場の道が刻まれている。中流域の河原のように、足を取られて歩きにくい。
西からの風がやや強く、太陽が隠れると寒さを覚えるほどで、ソフトシェルを羽織るかどうか悩ましい感じだ。
無休で息の切れる登りが30分程続き、ハイマツ帯を抜けるとひとつの岩稜を越えた。
岩稜を振り返り見ると、うっすら「12」の白ペンキ。西穂高岳主峰へのカウントダウンが始まった!
ここから大小12のピークを越えた先に、目指す主峰があるのだ。

次は「11」だ。目の前にガスがかかり異様な雰囲気の大きな岩稜に、先行者が取付いている。
あれが独標だな。以前から「どっぴょう」という言葉の響きだけで憧れていた場所がそこにある。
そして10時45分、山荘から50分で11峰西穂独標(2,701m)に到着だ。
夏の土日なら登山客でひしめき合ってるのだろうか。この日は先行者も先へ行き独占!ザックを下ろして休憩だ。
残念ながらガスで周囲の景色は無し。それでも記念撮影と栄養補給をして、ここからの血湧き肉踊る岩稜帯へ
改めてテンションを高めるのだった。(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
西穂丸山
f0157812_1838968.jpg

西穂独標
f0157812_18392481.jpg


More・・・・・あと20枚、西穂独標までの写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2014-07-09 08:00 | outdoor | Comments(2)