Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2017年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2017年 09月 30日

中国大返しツアー(厳島神社・後編)

厳島神社の順路は東から西へ抜ける。出口を出ると大願寺があるが寄らずに浜に出た。
ワカメなどの海藻が打ち上げられている。空には雲も無くなり、この度随一の晴天になった。
陽射しも暑く夏の海といった様相だ。
晴天の大鳥居をバックにここでも記念写真を撮影した。

帰りは境内を通らずにも帰れるのだが、海水に満たされた状態の厳島神社も見たいので、境内に戻り時を待った。
ちなみに出口からは無料で入れるけど、入口から出る時にチケットを見せないといけないからズルはしちゃダメ。
でも出口から入って、出口から出れば・・・天罰が下るよ。

思っていたより潮が満ちてくるのに時間がかかった。満潮は10時だが、我々には時間がない。
この後の予定が決まっていて時間厳守だからだ。
7時半を過ぎてようやく海水が床下に迫ってきた。その時を同じくして修学旅行生が大勢やってきた。
始発の次の便で来たのか、意外に早かったのでギリギリセーフだった。潮が満ちるより早く彼らが境内に満たされた。
入れ替わるように我々は境内を脱出。難を逃れた。

しかしまだ商店街は営業前だった。数店舗だけでもいいから開店して欲しかったが、方針を変えた。
宮島で営業開始を待つより、宮島口にも少なからず土産物屋があるのでそちらで買い物は済ませるべくフェリー乗り場へ向かった。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
中国大返しツアー(厳島神社・後編)_f0157812_16221592.jpg

祓殿
中国大返しツアー(厳島神社・後編)_f0157812_16221559.jpg


More・・・・・あと22枚、厳島神社での写真があります!!

by ymgchsgnb | 2017-09-30 09:00 | travel | Comments(2)
2017年 09月 29日

中国大返しツアー(厳島神社・前編)

日本三景は安芸の宮島をもってコンプリートと相成った。
まだ寝静まった商店街ではなく、海沿いの道を歩いてゆく。
神の使者だろうか、鹿が所々にいてフンも大量に散らかっている。それらを掃除するのが商店の人たち朝の日課だろうか。
海沿いのカーブに常夜燈が沿って並んでいる。まだ潮が引いているので、長い砂浜も存在している。
湾に入ると、見る見る潮が満ちてくるのがわかる。フェリーから見えた海岸線は大鳥居の近くにあったが、今ではもう神社へ迫っている。

そしてこの日も世界遺産へやって来た。厳島神社の創建は推古天皇の時代で6世紀のこと。
私の中では、神話と現実の狭間の時代と認識しているが、史実エピソードも数多ある。
今の姿になったのは平清盛の時代で、以降様々な都文化が入り発展していったのだという。
そんな歴史ある国の宝に300円を支払い、有り難く足を踏み入れる。

この日入った初めての観光客が我々なのだろう。ほとんど人はいず、ゆっくりと見て回ることができた。
まだに早起きは三文の徳といえよう。

厳島神社の御祭神は宗像三女人。アマテラスとスサノオによって生まれた三姫だという神話だ。
そう言えば宮島口の地下道にカワイイゆるキャラみたいな3人の女の子が描かれてたな。

そして厳島神社のフォトジェニックは何と言っても、沖合にある大鳥居。インスタ映えするんだろな。
桟橋でそれをバックに記念写真を撮るにも、この時間なら景色を占有できた。
ゆっくり写真を撮ったり、見物したり、御朱印を書いてもらったり各々の時間を過ごした。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
大鳥居
中国大返しツアー(厳島神社・前編)_f0157812_15344648.jpg

客(まろうど)神社と五重塔
中国大返しツアー(厳島神社・前編)_f0157812_15344569.jpg


More・・・・・あと22枚、厳島神社での写真があります!

by ymgchsgnb | 2017-09-29 08:00 | travel | Comments(2)
2017年 09月 28日

中国大返しツアー(安芸の宮島)

2日目の朝も早い。まだ薄暗い5時には起床し支度して出発。
廿日市までのバイパスはほぼ高速並み。フェリーの始発に間に合いそうだ。
宮島口からのフェリーで最も早いのはJR西日本フェリーで、始発は6時25分。片道180円の往復360円だ。
平日なのでさすがに混雑はなく、観光客は我々も含め10人もいなかったんじゃなかろうか。
生活の足として使っている地元の人と見られる人が大半で、それでも20人もいなかっただろう。

朝の内はまだ雲が多いが、やがて晴れてくるだろう。雲間から朝日がシャワーのように降り注いでいる。
厳島神社大鳥居が徐々に大きく見えてくる。干潮から2時間余りしか経っていないので、大鳥居の先はまだ干上がっていて
島に宿泊していた観光客か、大鳥居の近くの波打ち際に数人見えた。
背後の弥山も雰囲気があり、時間があれば登ってみたい山だ。

宮島口から宮島まではフェリーで10分。6時半過ぎには宮島へと渡っていた。
まだ静かな観光地。表参道の土産店は静まり返っていて、鹿がそこらで草を食んでいる。

我々のようにクルマで宮島で訪れる人は、宮島口での駐車場探しがひとつの課題だろう。
いくらでも駐車場はあるが、フェリーターミナル近くの相場は1日1,000円で、駅向こうの遠い方でも500円以上らしいが
今回停めたのは1日400円。如何にお得に停められるかを下の写真で紹介しよう。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
始発フェリー
中国大返しツアー(安芸の宮島)_f0157812_08294063.jpg
中国大返しツアー(安芸の宮島)_f0157812_08294011.jpg


More・・・・・あと20枚、宮島口でのお得な駐車場紹介写真とフェリーでの写真がありますけんね

by ymgchsgnb | 2017-09-28 08:00 | travel | Comments(2)
2017年 09月 27日

中国大返しツアー(原爆ドーム&平和記念公園)

広島城を後にした一行が次に向かったのは、今は原爆ドームと呼ばれていて、世界遺産に登録されている。
言わずと知れた1945年8月6日午前8時15分、この上空約600mでリトルボーイが炸裂した。
熱線により地表温度は約3,000度、秒速440m以上の衝撃波によって街は消し飛んだが、広島県産業奨励館は爆心地にもかかわらず
これだけの姿を残し、今にその当時を伝えている。

夜景の中でライトアップされ、綺麗で素敵な洋館とも思えてしまうが、悲劇中の悲劇の舞台。
そこには生々しさを超えた世界だったことだろう。
周囲には海外からの観光客も多かった。

元安橋を渡り平和記念公園へ向かいます。
モダンな設計で広がる公園で、昼間は市民の憩いの場なのだろうか。
近年は、オバマ大統領が慰霊に訪れてザワついたね。

原爆死没者慰霊碑には「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」と彫られている。
間からは、1964年から燃え続ける「平和の灯」と原爆ドームが見える。ここで記念集合写真をパチリ。

厳かな気持ちをあとに残し、ほど近いホテルへ戻り長い1日を終えた。
数日2〜3時間睡眠が続いているが、夏休みとて睡眠が十分に取れる我々ではない。
旅2日目へつづく。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
原爆ドーム(旧広島県産業奨励館)
中国大返しツアー(原爆ドーム&平和記念公園)_f0157812_12510118.jpg

原爆慰霊碑
中国大返しツアー(原爆ドーム&平和記念公園)_f0157812_12510296.jpg


More・・・・・あと13枚、原爆ドームと平和記念公園の写真があります

by ymgchsgnb | 2017-09-27 08:00 | travel | Comments(2)
2017年 09月 26日

中国大返しツアー(広島城)

夜の城もまた良い。ここは日本百名城に数えられる広島城
お堀に鯉がたくさんいたのか鯉城(りじょう)とも呼ばれ、それが広島カープの由来にもなったのかな?

毛利輝元が低湿地の難工事の末築城した城で、築城の名手黒田如水(黒田官兵衛)もこれに関わっているという。
関ヶ原の戦い後、西軍の総大将だった毛利輝元は広島去ることになり、代わりに福島正則が入る。
そして大規模に改築や城下町づくりを推し進めた結果、徳川家康に「やり過ぎ!」と叱られ、福島氏は飛ばされる。
その後、浅野氏が12代250年間統治することになったようです。

明治以降は軍都として栄えた広島、日清戦争の際は広島城が大本営になったそう。
やがて太平洋戦争で悲劇の地となった広島。爆心地からそう遠くない広島城は、それまで現存していた天守ごと全て消失。
被爆後の航空写真を見ると、お堀以外は更地と化してましたな。。
現代はご覧の通り復元されている訳ですが、毛利時代の様子は知る由もないというところ。

外堀からライトアップされた天守は遠くに見えたが、どこまで近づけるか暗闇の城内を進んでみますと、広島護国神社に
明かりが灯っていて雰囲気を醸してました。
天守の足元までも行けました。工事中のようですが、昼間はお金を払って天守に登ることもできるそう。

帰り際振り返ると、広いお堀にライトアップされた広島城が映り、なぜだか凛々しく感じた。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
広島城
中国大返しツアー(広島城)_f0157812_09171741.jpg

城内の護国神社
中国大返しツアー(広島城)_f0157812_09171675.jpg


More・・・・・あと9枚、夜の広島城の写真があるけんね

by ymgchsgnb | 2017-09-26 10:11 | travel | Comments(2)
2017年 09月 25日

中国大返しツアー(広島風お好み焼き)

広島カープが2017年セリーグのペナントレースを制した直後の広島に初上陸。ひと月以上前から予約してたホテルへチェックイン。
眺望の良い角部屋なのだが、なんと4人部屋!ほんの数時間の滞在だ、ケチケチ旅四人衆には御誂え向きと言えよう。

身支度を整え、まずは腹ごしらえ。昼ごはんを抜いているので腹ペコ四人衆のお通りだい!
広島と言ったらお好み焼き(広島風)、ハシゴしてやれ!とまずは王道?のお好み村へ突撃。
人気店の「八昌」は4人分の空きがなく、とりあえず座れる不人気店に落ち着いた。まずは2枚ほど注文。
以下、店員のおばちゃんとの会話・・・

店員「お客さんたち、いろんな店食べ歩いてるの?」
我々「えぇ、初めて来たので、これからそうしようかと」
店員「お好み焼きはひとり1枚が基本だから、そう言うのは店員に嫌がられるから注意した方がいいよ〜」
我々「・・・・・」

一同テンションガタ落ち。客がひとりもいなかった店にようやく来た客(我々)だが、店員もハッキリと機嫌が悪くなる。
だからって追加注文なんかしない。出されたお好み焼きなぞ美味しいはずもなく、無言でとっとと食べ「焼道楽」という店を離脱した。
お好み村ってそう言うことも愉しめる施設でしょ?初めて来た観光客になんという仕打ち。広島のお好み焼き屋はそんな気持ちで
客を受け入れてるのか?もしそうなら大阪のお好み焼きの方が美味しくなっちゃうもんね!(大阪もそうだったら承知しない)

気分を晴らすため、まだ行きたかった店に後ろ足で砂をかけ、お好み村を後にした一行は、店舗を構えている店を探しながら歩いた。
街はカープ一色で真っ赤になっている。どこも優勝セールだが、結果的に我々が得したことはなかった。

2軒目は若貴というお店にした。いろんなメニューがある居酒屋風かと思いきや、完全にお好み焼きしかございませんでした。
店員と対峙しなくてすむテーブル席に座った。ハシゴが受け入れられないならと、時間も時間なのと、良い加減お腹を
満たしたかったので、ここではひとり1枚注文した。素直に大変美味しく頂くことができました。

広島風のお好み焼きと言うと、今までは縁日の屋台で食べるくらいしか経験がなく、薄い生地で大量のキャベツとたまご、そばが
入ってるという印象しかない。そばも焼きそばのそば。しかし本場広島で食べたお好み焼きは、いずれも細麺だったのは意外。

お腹を満たして幸せを取り戻した一行は腹ごなしのため、夜の広島を散策するのであった。本当は早く寝たいんだけどね。。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
かきオコ
中国大返しツアー(広島風お好み焼き)_f0157812_21334267.jpg
中国大返しツアー(広島風お好み焼き)_f0157812_21334268.jpg


More・・・・・あと17枚、広島でのお好み焼きの写真があるけーのぉ!

by ymgchsgnb | 2017-09-25 22:22 | travel | Comments(4)
2017年 09月 24日

中国大返しツアー(倉敷美観地区)

以前、夜のチボリ公園を訪ねようとして倉敷を訪れたことがあったが、すでにチボリ公園は閉園していたというオチがあった。
自分の倉敷のイメージだったが、もうひとつ水路のある街並みというイメージもあり、それはどこだったんだろ?
それを解消するために高梁から倉敷へ約1時間移動してきた。

当初はちょっくら立ち寄る予定でいたが、倉敷美観地区と呼ばれるその場所があまりにも良かったので、1時間以上たっぷり
練り歩くことになった。
「ブラタモリ」で倉敷をやっていたのを見ていたのもあって、水路周辺以外にもアイビースクエアやきびだんご、かつての
天領によって栄えた産業で生まれた倉敷デニムの小物などの土産物屋を見て回り、歴史ロマンを感ぜられた散策になった。

きびだんご関連をいくつか試食したな。お土産に買おうと思って結局買い忘れたよ。
その代わりMada in JAPANのデニム小物を買いました。トートバッグとトレー(いつかブログで紹介します)。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
倉敷館
中国大返しツアー(倉敷美観地区)_f0157812_20420353.jpg

アイビースクエアのレンガ塀
中国大返しツアー(倉敷美観地区)_f0157812_20420260.jpg


More・・・・・あと17枚、倉敷美観地区の写真がありま〜〜す

by ymgchsgnb | 2017-09-24 09:00 | travel | Comments(2)
2017年 09月 23日

中国大返しツアー(備中松山城)

ついにやって参りました。21年目の夏キャンプ。
昨年は20周年でグランピングしたけど、もうキャンプなんてやってません。オジさん達のただの観光旅行です。
なので今回もただの観光で、遠くてなかなか行く機会の少ない中国地方を攻めようとなりました。

例年通り、仕事終わりで夜の高速を交代で運転し、西を目指します。
友人のクルマがアップデートして自動追尾&車線キープが備わったので、いつもより少し楽だったけど、かねてからの
超寝不足もあって、自分は新東名の岡崎SAまで運転して撃沈。寝ている間に山陽道の三木SAにワープしていました。
再び運転を代わって、スマートICのある吉備SAで朝食でもと思っていたら通り過ぎてしまい、岡山総社ICで長い高速旅を終えました。
結局朝食は総社にて、東日本じゃ珍しいファミレスJoyfulでモーニングを済ませることに。

その後、高梁(たかはし)市へ、サブテーマである現存十二天守を巡るべく備中松山城へ向かいます。
この日はシャトルバス運行日なので、城見橋公園にクルマを駐車。登城整理料ひとり400円(往復)でシャトルバスに
乗り込み、8合目付近のふいご峠まで行きます。(シャトルが運行してない日はここまでマイカーで来られます)
8合目と言うのも、この備中松山城は日本一高い山城(430m)なので、歩いて下から登るのは軽い登山になります。
そこに時間と体力を割けないので、お金を支払ってシャトルバスを利用しました。

ふいご峠からは完全に山歩き。サンダルなどの軽装で登るのは控えましょうね。
15分かけてようやく石垣に辿り着いた。カッコ良いと思ったら、2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」のタイトルバックで撮影された石垣だったのです!

さらに登りはつづいて、駐車場から約30分ようやく天守に手がかかります。入城料はシャトルバスとは別にひとり300円。

自身8城目の現存十二天守である備中松山城は、江戸初期の水谷氏時代の天守が今も現存しているようです。
一時期「天空の城」で話題になった竹田城もそうですが、この備中松山城も秋から冬の雲海が発生しやすい時期には、
天空の城塞が見られるようです。これもいつか見てみたい景色です。

ちなみに数えて見たら日本百名城は30城くらい訪れているようだ。これを制覇するのは生半可なものじゃないけど、是非巡ってみたいな。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
現存十二天守「備中松山城」
中国大返しツアー(備中松山城)_f0157812_19233407.jpg

「真田丸」のタイトルバック
中国大返しツアー(備中松山城)_f0157812_19233342.jpg


More・・・・・あと20枚、備中松山城の写真がありま〜す

by ymgchsgnb | 2017-09-23 20:24 | travel | Comments(2)
2017年 09月 01日

TOTOへ

北アルプスの美しい写真でも載せるかなと思いきや・・・お食事中の方すみません。

えぇ、先日トイレと床の間から水が漏れまして、応急処置はしたものの替えた方が良いと(業者はそう言うでしょう)

てことで、僭越ながらトイレを交換させていただきました。

今までのがどうもUSAのモノだったらしいですよ。なので今回はMade in JAPANのモノに。

東洋陶器さん、つまりTOTOのモノにしました。ついでにウォシュレットにしちゃいましょう。

そしたらトイレもウォシュレットも、ちょうど2017年8月モデルが出たんばかり。

ついつい欲張ってNEWモデルやら、ウォシュレットも上級モデルのアプリコットにしてやれと見積もったら

予算を遥かに超えた20万オーバー。税込み20万しか出さんとばかりに猛プッシュ。

おまけにカード払いにしてTポイントごっそりGETで決着させました。

それにしても今のトイレはスゴイですね〜。トイレのドアを開けようものならウェルカムとばかりに便器内を発光させ

頼んでもないのに除菌水を撒いてくれる。洗浄だって驚くほど節水になってます。

暖房便座やオート洗浄などの機能はOFFってるけど、なかなか賢いやつです。

ウォシュレットもっと上級のアプリコットにしたら10万円近く上があるし、トイレ本体もタンクレスにしたりとか

最上級のトイレなんて60万ですからね。ふぇ〜。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
最新鋭でエコだが、多少タイトではある
タンクありの、手洗いレスにした
TOTOへ_f0157812_15180534.jpg

便座が割れてるが、USAサイズ的でゆったりしていた
TOTOへ_f0157812_15180580.jpg



by ymgchsgnb | 2017-09-01 15:42 | essay | Comments(0)