Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2018年 06月 23日

遅ればせながら「カフエ マメヒコ」へ

私は「喫茶店」というものに縁がない。タバコは毛嫌いしてるし、コーヒーも苦手で、なにより過ごし方がわからない。
ではなぜカフエ マメヒコを訪れたか。それはオーナーの井川さんがポッドキャスト的に更新しているラジオ瀬尾さんと出会ったから。

そのコンテンツは、マメヒコの常連客であり、中島みゆきの音楽プロデューサーでもある瀬尾一三氏との対話形式の無料ラジオ番組で、
ツイッターで中島みゆきファンからの情報提供で知り、番組開始当初の2017年1月から聴き続けている。
瀬尾一三氏が表立ったメディアに出て語ることは今まで無かったが、毎週のように音楽業界や中島みゆきの裏話が聴けてとても貴重だ。
井川氏の無邪気で軽妙なトークとともに、もはや珍コンビ?となった二人のお話しを毎回愉しんでいる。

そのラジオ番組との出会いが最初にあって、後に井川氏がカフェのオーナーをしていて、瀬尾氏がそこの常連客ということを知った。
番組を聴き重ねるごとにマメヒコへの興味も湧き、店のポリシーにも賛同でき、訪れてみたい気持ちも募っていった。
三軒茶屋に本店があって、渋谷にも宇田川町店と公園通り店を構えるカフェなので、行こうと思えばいつでも行ける場所なのだが、
冒頭で記したように喫茶店へは足が向かないし、三茶にも渋谷にも縁のない生活を送ってきた。

こうして「ラジオ瀬尾さん」を聴くだけの1年半が過ぎたところにチャンスが訪れた。久々に渋谷の某局の仕事で、しかも夕方終わり。
このチャンスを逃す訳には行かない。惜しまれつつ来月閉店する宇田川町店はマメヒコ映画祭というイベントをやっていたので、
初訪問は通常営業している公園通り店を選んだ。NHKや代々木体育館へつづく公園通りの坂の中間に位置する造園会館の2階。
自分の中の「如何にも喫茶店」というウッディな造りの落ち着いた店内。「いらっしゃいませ、お好きな席へどうぞ」と促され、
窓際の隅っこのテーブル席に着いた。時刻は18時を少し回った頃、夏至を1日過ぎただけなので、まだ十分外光が差し込んでいる。
程なく店員がメニューと水を持ってきてくれる。この時期人気のフルーツサンドは必須なのと、是非円パンも味わってみたい。
おかず的なものも食べたかったが、食事メニューがなかったのは残念。結局ルーツサンドとコーヒーのセット(1,.300円)と、
円パン(480円)と、手作り塩バター(180円)を注文した。フルーツサンドは仕込んでる最中で15分くらいかかるとのことだったので
すべてを同タイミングでとお願いし、「問題」の喫茶店での過ごし方を考えようとしたが、意外にもすぐに全てがサーブされた。

まずは円パン。トーストになってる写真をネットで見たが、そうではないようだ。メニューにあった<美味しい食べ方>を無視して
バターをテッペンに落とし溶かしながらパクついた。全粒粉ではない方の円パンを選んだので、とてももっちりでリッチな味わいだった。
これはオンラインで取り寄せて、家でも色々試しながら食べたい一品。

そしてフルーツサンド。根釧台地のこだわり生クリームと、宇田川町店で焼いている自家製パンに挟まれた鮮やかなフルーツが
見事な切り口を覗かせている。一気に口に運んでもはみ出す生クリームがこちらもリッチな甘さで満たされるが、様々なフルーツが
追いかけてきて賑やかで至福な口内。全編に渡る牛乳感と、最後の方で来る練乳のような風味は気のせいだろうか?全くもってペロりだ。

そして苦手なコーヒーだが、ミルク、砂糖なしの深煎りコーヒーで口内を鎮める。申し訳ないが「違いのわからない男」である。
当方コーヒーについて云々コメントできる者ではありませんので悪しからず・・・。

喫茶店での過ごし方をわかった風に装いながら、ゆっくり味わいつつ食べては、入口に置いてあった冊子やiPhoneに目を通して過ごした。
19時を過ぎて、ガラス越しの渋谷の街も灯りが点り始めると、店内の照明が落ちて薄暗くなった。良い雰囲気だ。
夜はムードもあるので、女性とのディナーの後にゆったり語らい合うのにいいなぁと妄想しつつ、おひとりさまは店員を呼んで
テーブルで会計をした。〆て2,116円也と。喫茶店って高くつくのね。以前は「お豆賃」と称して席料を取っていたみたいだけど
今はそれぞれの価格に含まれてるのかな?

世に喫茶店は無数にあって、入りやすい店、入りにくい店。チェーン店、個人経営の店。広い店、狭い店などなどあると思う。
たぶん自分は今までのように、どんな店でも喫茶店には足は向かないだろう。でもマメヒコのことはもっと知りたいし、気になる店だ。
季節限定のスイーツだって食べたいものばかりだし、何より瀬尾さんにばったりなんてこともあるかも知れない。笑
人それぞれ「喫茶店」に行く動機はあれど、自分はリッチな空間、リッチなひとときを過ごすために行くのが「喫茶店」なんだろう。
たぶんそんな過ごし方なんて、ず〜っと出来ないと思うけど。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
遅ればせながら「カフエ マメヒコ」へ_f0157812_12160291.jpg
遅ればせながら「カフエ マメヒコ」へ_f0157812_12154348.jpg


More・・・・・あと12枚、Cafe Mame-Hiko公園通り店での写真があります。。

by ymgchsgnb | 2018-06-23 14:35 | foods | Comments(0)
2018年 06月 15日

怒りの明け方にポチった代物

6月初旬のことですが、iPad Pro (10.5 inch) を購入しました。

仕事などで使いたいので、かれこれ1ヶ月以上前から買おうと思ってたんですが、WWDC18での新型iPad Proの発表が

確実視されていたこともあり、我慢して待っていたんです。しかもWWDC18の基調講演を生中継で真夜中に見ていたんです。

ところがどうでしょう、御存知の通りソフトの発表に留まり、一切新作ハードの発表がありませんでした。

現行のiPad Proは発売されてちょうど丸1年、WWDC18で発表がなくても近々または秋までには新作が出るでしょう。

でも我慢できずに表題の通り、明け方に怒りを込めてAppleストアでApple Pencilもろともポチった次第です。

今まで初代と3世代目?のiPadを所有してましたが、ほとんど活用しないままだったんだけど、何てったて「Pro」を手に入れた訳ですから

本格的に生活に、仕事に取り入れていきます。今まで所有していたiPadはDockコネクタで、ようやくLightningになりました。

性能も断然優れています。近頃は信じられないことができるアプリも増えました。Apple Pencilも最高です。

これからの生活が愉しみです!


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ


<iPhone 7>
怒りの明け方にポチった代物_f0157812_14100369.jpg


by ymgchsgnb | 2018-06-15 14:26 | hobby | Comments(0)
2018年 06月 13日

寺泊出張

先日、久しぶりにゴルフ中継で新潟出張へ行ってきました。

現場も泊まりも日本海沿いの寺泊です。漁港近くの魚のアメ横は有名で、公私ともに何度も訪れております。

今回は本隊チームではない参加だったので、泊まりは海から離れた寺泊駅前でした。

初めて寺泊駅を訪れましたが、恐れながら申し上げると「な〜んにも無い」ところです。

そのすぐ駅前に割烹旅館がありまして、我々別班チームはこの仕事の際は定宿にしているのだった。

総勢8名の我々で宿は貸切り状態。音圧強めでホスピタリティ豊かな女将さんが元気に出迎えたり、送り出してくれます。

洗濯物はカゴに入れておけば、洗って干してくれているという家庭的なサービスまで。

風呂は一般家庭並みに小さいとのことで、現場から帰ったら食事の前に近くに点在する日帰り温泉施設へ繰り出すのが日課になる。

温泉帰りでサッパリ気持ち良くなったら、みなさん愉しみのビールと食事が待っています。

自分はお酒は飲みませんが、新潟限定ビールや地酒の応酬についつい嗜み程度に頂きました。

食事は「寺泊」というだけあって、まさにお魚天国!お造りや焼き物に毎晩舌鼓を打ち鳴らしておりましたよ。

また来年も来たいかも!


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
打ち下ろしホールの向こうに弥彦山
寺泊出張_f0157812_12011770.jpg

毎晩の御馳走
寺泊出張_f0157812_12011763.jpg


More・・・・・あと14枚、主に出張中の食事の写真ばかりですが見てっておくんなんし

by ymgchsgnb | 2018-06-13 08:00 | business trip | Comments(0)
2018年 06月 12日

登山帰りのシースー

そうそう、先日の八ヶ岳登山の帰りに、どうしても寿司が食べたくなったので、通りすがりの甲府で遅めのランチにした。

西天狗岳山頂では早めのランチだったので、この日2回目のランチになる。

山梨県民は「寿司」が好きなようで、寿司消費量では全国随一だという。

立ち寄ったのはお馴染みのスシロー

おひとり様なのでカウンター席に座り、ふとテーブルを見ると本日の厳選8種盛なる数量限定メニューがあるではないですか。

何ともイヤらしいメニューである。刺身を肴に寿司でも喰らうかと即注文。

来てみた品は写真の通り。品質は可もなく不可もなく。美味しいっちゃ美味しい。ただ刺身のツマが大根じゃないのはいただけない。

まぁこれで税別980円はスシローにしては高いような高くないような・・・。

結局、寿司も10皿程度食べて満腹になると、2,000円以上になる訳だけど、スシローに来てそんなに払うのは何か釈然としない感じがした。

そこそこの寿司を安く食べて満足しようと思うからスシローを選んだんだからなぁ。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
登山帰りのシースー_f0157812_11325902.jpg


by ymgchsgnb | 2018-06-12 11:46 | foods | Comments(0)
2018年 06月 08日

天狗岳の最高点にちゃんと立つ(5)

西から東天狗岳へ戻り、下山を開始したのが11時5分。
まずは東天狗岳直下の岩場が待ち構えている。ポールを背中に刀差しにして両手で岩を掴みながらゆく。

登りとは逆で同じ道を進む。白砂新道入口根石岳、広大な稜線を抜け、箕冠山への登り返しは残雪が一番残ってる場所。
箕冠山山頂は分岐点で、左に曲がれば行きと同じ夏沢峠に行くが、帰りは直進してオーレン小屋へショートカットする。

マイナーなルートではないか心配したが、実になだらかで足腰の負担が少ない快適な森歩きのような道だった。
随所に残雪や、岩にカムフラージュした氷があるので誤って踏むとすってんころりんが免れないので注意だ。
箕冠山からおよそ20分でオーレン小屋に到着。正午になっていた。
西天狗岳で早めの昼を食べてしまってお腹も空いてないので、オーレン小屋で食事は摂らずに、清らかな水で顔を洗いリフレッシュした後
下山に向けて歩き出した。

夏沢鉱泉までも緩やかになだらかにと、そこそこ膝に優しい。
夏沢鉱泉からの林道は下り傾斜もキツくなり足腰に負担がかかってくる。特にコンクリート路は衝撃が強く、自身の軟骨を応援した。
12時55分に桜平へと到着し、計6時間ちょっとの山行を無事終えた。

1月以来の本格登山で当初バテるかと思っていたけど、スタミナ面では問題なく良かった。
ただし体重は減量しないとダメ!で、夏山でじゃんじゃん脂肪を燃焼させたいなと・・・思った次第です。

撮影日:5月28日

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D>
EF35mm F1.4L USM
下山開始!
天狗岳の最高点にちゃんと立つ(5)_f0157812_10064869.jpg

気持ちの良い森歩き
天狗岳の最高点にちゃんと立つ(5)_f0157812_10064870.jpg


More・・・・・あと20枚、天狗岳からの下山写真があります〜〜〜〜〜

by ymgchsgnb | 2018-06-08 10:05 | outdoor | Comments(0)
2018年 06月 07日

天狗岳の最高点にちゃんと立つ(4)

歩き出しのダルさ加減からすると、東天狗岳までは来れても、西天狗岳まで行って来いする体力があるかどうか危ぶまれていたが
時間も体力も全然有り余っていた。山をガシガシ登っていた頃と変わらないスタミナに自分でも自信になったかも。

双耳峰である天狗岳を東から西へと渡ってゆく。
中間地点の鞍部から両方を見上げると、行くも地獄帰るも地獄感はあれど足は軽かった。
最後の急登もなんのその、たった10分で渡りきることができ、ついに取り残していた西天狗岳(2,646m)への登頂を果たした。
東の岩場に比べ、西は平坦な山頂部が特徴。腰掛ける岩が少ないものの山頂を独占できる平日なので心配は無用。
北八ヶ岳を望むちょうど良いテラスがあったので、ゆっくりランチ休憩とした。時刻は10時5分だった。
今回は簡単にコンビニ飯。味も素っ気もないが、おにぎりがいつもより美味しく感じられた気がする。

天候は曇りがちで、遠く北アルプスは雲に紛れて分かりづらかったけど、その他の周囲の山々の眺めは壮観だったと言える。
30分余り景色を堪能して、再び八ヶ岳の主脈線へと引き返していった。(つづく)


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D>
EF35mm F1.4L USM
北八ヶ岳の最高峰に立つ
天狗岳の最高点にちゃんと立つ(4)_f0157812_07493085.jpg

南八ヶ岳の雄姿
天狗岳の最高点にちゃんと立つ(4)_f0157812_07493131.jpg


More・・・・・あと18枚、西天狗岳からの写真があります〜〜〜〜

by ymgchsgnb | 2018-06-07 08:12 | outdoor | Comments(0)
2018年 06月 06日

天狗岳の最高点にちゃんと立つ(3)

箕冠山からの下りは、今回のルートで一番残雪があるポイントだった。
しかしアイゼンやピッケルなど必要としないで普通に歩ける。踏み抜きはしたけどね。。
その数十メートルの残雪を抜けるとご褒美のような景色が目に飛び込んできた!山をやっていて良かった瞬間。
根石岳との間の稜線が素晴らしく雄大で息を飲む。一見荒涼とした道ではあるが、もう少ししたらコマクサなどの高山植物に彩られるはずだ。

早くその稜線を歩きたくて、気持ちが急いてしまう。
行ってみると根石岳山荘が西側経っており、西寄りの風が強かった。風の抜け道なのだろう。
ここからは下っては登るの繰り返しだけど、見た目ほど標高差はないので、すぐに次の目標に到達できた。
実際箕冠山から根石岳へは15分だった。
少し岩場のある根石岳(2,603m)からは歩いてきた道と硫黄岳、反対に北側にはすぐそこに天狗岳の双耳峰が聳えていた。

根石岳からの下りはちょっとした岩場なので、今回初めて足元注意的な感じである。
10分程で下り切ると、そこはかつて下った白砂新道への分岐点。ここだけ白い礫が広がっており晴れてなくても眩しい。
さていよいよ東天狗岳へ登り返す。より岩場が多くなり、クサリや足場が架かっているところもあるので要注意だ。
手足を使って登る愉しさも味わえるので個人的には好きだ。

20分岩場を攻め、9時50分再び東天狗岳(2,640m)へとやってきた。
最終目的地は次の西天狗岳なので、5分程景色を見回してすぐに西天狗岳へと下ってゆくのだった。(つづく)


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<iPhone7>
正面は根石岳
天狗岳の最高点にちゃんと立つ(3)_f0157812_14535371.jpg

<Canon EOS 6D + EF35mm F1.4L USM>
白砂新道入口から天狗岳を見上げる
天狗岳の最高点にちゃんと立つ(3)_f0157812_14582318.jpg


More・・・・・あと17枚、箕冠山〜東天狗岳までの写真があります〜〜〜

by ymgchsgnb | 2018-06-06 08:00 | outdoor | Comments(0)
2018年 06月 05日

天狗岳の最高点にちゃんと立つ(2)

小休憩を終えてオーレン小屋から歩き出したのが8時5分。まず目指すのは夏沢峠
夏沢峠には前から興味があり行ってみたかった峠で、なぜかと言うと南北に長大な八ヶ岳を北八ヶ岳と南八ヶ岳に分けるポイントだから。
しかも終始緩やかな傾斜で登りやすくアクセスも良好なのだ。
実際オーレン小屋から25分で呆気なく到着して、登り甲斐がないと言えばその通りだ。楽に登れる割にはスゴイところに来てる感がまた良い。

夏沢峠(2,430m)は西の女性らしさと引き換えに、東は荒々しい男らしさを見せる峠だ。
東の本沢温泉方面へ断崖になっていて、八ヶ岳の主脈線の東側は切れ落ちている。
今回目指す北方面は優しい稜線になっている一方で、南の硫黄岳のダイナミックな爆裂火口は両極端な風景だ。
夏沢峠の東西南北で反対の顔を持つポイントなのであった。

小休憩の後、北八ヶ岳へ縦走開始。東に崖、西に森という境界線を歩いてゆく。
ここからは山頂密集地帯なので、ピークハントを愉しめるか、はたまた体力の低下を思い知らされるかどちらかだ。
予定通りのルートを辿れば、今回はのべ7つのピークを踏んでゆく。まさにプチ7サミッツだ。

夏沢峠から25分、ちょっとした分岐点に出た。そこが箕冠山(2,580m)の山頂だった。
「みかぶりやま」と読むこの山は、いわゆる「残念山頂」で、周囲を樹々で覆われていて景色は望めないところだった。
このまま次の根石岳へ縦走路してゆく道と、オーレン小屋へ直接下れる道の分岐点だ。
山頂は残念な感じだけど、八ヶ岳の新たなピークを制覇した満足感はかなりあったな。(つづく)


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D + EF35mm F1.4L USM>
北と南を分かつ夏沢峠
天狗岳の最高点にちゃんと立つ(2)_f0157812_14093824.jpg

硫黄岳の爆裂火口が荒々しい
天狗岳の最高点にちゃんと立つ(2)_f0157812_14093847.jpg


More・・・・・あと14枚、オーレン小屋〜箕冠山までの写真があります〜〜

by ymgchsgnb | 2018-06-05 08:00 | outdoor | Comments(0)
2018年 06月 04日

天狗岳の最高点にちゃんと立つ(1)

本格登山は「赤城山」「高尾山」の年初以来と、かなり間隔が開いてしまった山登り。
その間、カラダも肥えてしまい、体力も落ちている事と心配していた。
こんなに間隔が開いたのは、仕事の忙しさと、休みと天候のマッチングが合わなかっただけではないと思っている。
それは思い切り不足気持ちのダレに他ならない。
今までは寝不足を押してでも、良い景色見たさで行動が先んじてたけど、大体の山を制覇してきていると、ソロ登山が「億劫」になってきていた。
そうして気持ちがダレていってしまっていたのだった。

残雪期も過ぎてしまい、夏山の雰囲気も出てきている八ヶ岳を今回は重い腰を上げて挑んできた。
目指すは天狗岳。2013年に稲子湯ルートから東天狗岳に登っているが、その時は夜の用事があったので西天狗岳をパスしていたのだ。
ところが西天狗岳に登らないと、日本二百名山である天狗岳に登ったことにはならないようで、取り残したピークをちゃんと踏むことが今回の目標。

登山口は初めての桜平。途中唐沢鉱泉との分岐から未舗装路になり、登山口へは案内標識に「車で30分」と書かれていた。
噂には聞いていた通り、かなりのダート道(林道)で、はじめは軽快に走っていたが、徐々に道は曲りくねりだし、傾斜も増してきた。
MT車なので1速と2速を繰り返し、段差では最徐行で乗り越えないと、下を擦ってしまうような道がつづいた。
実際は15分くらいで登山口に到着できたが、土日など登山客が多い日は、他車とすれ違いに時間と苦労を費やすことだろう。

駐車場は桜平(上)駐車場というのが登山口より少し登ったところにあり、無料で計20台程停められるが、土日は相当早いもん勝ちになるだろう。
桜平(中)駐車場というのもあって、今年?から整理され約60台駐車可能という。トイレもあるようだ。(この日は開山前なので閉まってた)
桜平(下)駐車場は、唐沢鉱泉との分岐後すぐにあって、約70台と多く停められるが、登山口まで1時間30分歩かないといけないようだ。

平日ハイカーの特権で登山口近くに停められたので、すぐに歩き出す。時刻は6時50分、歩き出しは標高1,900m。
まずは関係車両も通行可能な林道歩きだ。久々でしかも増量したカラダには大分キツい感じで、息が切れ足腰への負担も大きく感じる。
しかし登山の最初はいつもこんなもんで、15分くらい歩けば呼吸も整い、カラダも軽くなる(はず)。
林道ではあるが傾斜もキツいところがあり、なかなかペースは上がらない。
夏沢鉱泉(2,060m)が程良い近さで助かった。歩き出しから30分弱で到着。すぐにザックを下ろし、額の汗を拭って背中の汗を乾かした。

5分小休憩して再び歩き出す。夏沢鉱泉を過ぎると道幅が狭くなり林道から登山道へと変貌してゆく。
登山道と言っても、それまでの林道より傾斜は楽でなだらかに、ゆるやかに距離を稼いでゆく。新緑や苔で森林浴しながらの歩きは気分が晴れる。
日々の疲れや、林道での疲れは嘘のように忘れていた。これが不思議な「山の効果」だ。
夏沢鉱泉から沢沿いの道を約40分、オーレン小屋(2,330m)に到着した。ここでもザックを置いてテンポを抑えるために小休憩。
(つづく)

撮影日:5月28日


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D + EF35mm F1.4L USM>
桜平登山口
天狗岳の最高点にちゃんと立つ(1)_f0157812_13360761.jpg

通年営業の夏沢鉱泉
天狗岳の最高点にちゃんと立つ(1)_f0157812_13360889.jpg


More・・・・・あと17枚、桜平〜オーレン小屋までの写真があります〜

by ymgchsgnb | 2018-06-04 13:58 | outdoor | Comments(0)