Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:埼玉 ( 34 ) タグの人気記事


2019年 12月 17日

師走だけど恒例夏キャンプスタート!

例年9月頃行っている夏キャンプだが、7月の入院もあって夏休みは敢えて取らないでいた。
しかし一度も途絶えることなく続け、今年で23年目を迎える恒例行事はもはや仕事じゃないけどライフワーク。
メンバー内からも開催要請があり決行することにしたが、全員の休みの調整がつかず師走を迎えた訳だ。

今年は1泊2日とショートトリップで、関東圏内の那須で冬キャンプをするという大枠を決めた。
そして向こう3年間の旅はメルセデスベンツで行くこと。理由はこの記事を参照されたし。

今回は1泊2日と述べたが、正確には2泊2日の旅だ。
それは例年の如く日が変わる直前に出発するのは変わらないが、今回はすぐに宿泊(仮眠)を最初の目的としたからだ。
埼玉県は熊谷におふろcafe BIVOUAC(ビバーク)という興味深い施設を発見したのだ。
リンクのサイトや下の写真を見てもらえば一目瞭然だが、温浴施設の屋内にアウトドアフィールドが広がっているような感じ。
「グランピング温浴施設」と銘打ってある。
そもそも「ビバーク」とはアウトドアでの緊急時の野営のことだが、今回は緊急ではなく計画的ビバークだ。

以前ここは昭和からあるような古めかしい健康ランドで、熊谷出張時に仮眠したことがあったのだが、どうやらリニューアル
されたようで、良い意味ですっかり変貌を遂げていて、実にコンセプトから素晴らしい施設だと思った。
昨今のキャンプブームもあってのことだろうが、我々のような昔からのキャンプ好きには、こういう業態が増えて欲しいところ。

朝9時までの23時間営業で、午前0時過ぎに入り、6時には出発する予定だった。あくまでも仮眠なので4時間程の睡眠だった。
料金的には通常1,380円に深夜料金の1,200円が加算される。もっと長く滞在する宿泊と考えればかなりの安価と言える。

今後もこのような珍しくも愉しい施設を探しながら旅を続けたいと思う。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  他の写真は以下のリンクからどうぞ  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

<iPhone 7>
テントやツリーハウス的な休憩所もある
師走だけど恒例夏キャンプスタート!_f0157812_22560802.jpg

どう過ごして良いかわからないプールみたいなところに、本棚やボルダリングなど
師走だけど恒例夏キャンプスタート!_f0157812_22560765.jpg


More・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あと7枚、おふろcafe BIVOUACの写真がありますぜ

by ymgchsgnb | 2019-12-17 08:54 | travel | Comments(2)
2019年 12月 04日

赤城颪

ひと月前ほどの撮影現場。

直前までラグビーW杯が開催されてた熊谷ラグビー場🏉を使っての撮影。

キレイでピッチも間近だったので、是非ワールドクラスのプレーを見たかったと言ってももう終わってしまったこと。

そんな熊谷ラグビー場で、夕方から夜にかけて撮影を行いました。

この日は紛うことなき赤城颪(あかぎおろし)が吹いており、寒風に晒されながらの撮影で心身ともに冷え切りました。

しかも夏物商品の撮影だったので、出演者エキストラ含め夏の格好!

実に可哀想でありました。。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
赤城颪_f0157812_12385599.jpg


by ymgchsgnb | 2019-12-04 12:45 | work site | Comments(0)
2019年 06月 24日

ラベンダーの日の「温泉」と「メシ」

ラベンダー畑に行った日の温泉と食事。

朝は中央道の石川PAで八王子ラーメンミニカレーを精力的に食べました。
前日に将棋の藤井くんがココイチを食べていた事から、カレーが無性に食べたくなってこの有様です。

午前中ラベンダー畑で大汗をかいたので、真っ昼間から近くの昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉へ行きました。
「昭和レトロ」というだけあって、様々な装飾、グッズ、土産物などが置いてありました。特に全国各地から集められたサイダーの種類の豊富なこと。
全部買って飲み比べてみたいものでしたが、ものスゴイ量なので逆に何ひとつ飲みませんでした。。
温泉はアルカリ性が強めで、トロットロの泉質です。美肌の湯ってやつですかね。
お昼時ってこともあって、食堂では多くの客が食事をしていました。

迷いましたが我々はお昼を何となく「武蔵の肉うどん」と決め、帰りがてら宛てもなく走っていました。
しかし定休日やら何やらでなかなかお店が見つからず、嵐山から飯能まで来てしましました。
ここまで来ればと、以前からマークしていたカレーうどんが有名な東青梅の根岸屋に目標を定めて急ぎ走りました。
店までもう少しのところで定休日だとわかり撃沈したのであります・・・。

空腹が極まったパイセンが以前訪れて美味しかった蕎麦屋が青梅にあるとのことで、昼営業が終わっていないか電話確認しつつ向かった。
15時前にようやく手打ち蕎麦 わせいろうに到着。昼の営業のギリギリ最後に伺ったので、客は我々のみ。
自分は天せいろ、パイセンは桜海老のかき揚げそばを注文しました。
量のある手打ちの十割蕎麦で、コシが強くしっかりとした歯応えと風味。天ぷらも多いし大きくてサックサクで極上。
地のモノの山菜系があると尚よろしいんでしょうが、十分美味しくて満足でした。

そんなこんなのラベンダー撮影会。早いうちに解散となりました。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
ミゼットと円柱ポストがお出迎え
ラベンダーの日の「温泉」と「メシ」_f0157812_09492503.jpg

八王子ラーメンとミニカレー
ラベンダーの日の「温泉」と「メシ」_f0157812_09492407.jpg

美味しい十割蕎麦!
ラベンダーの日の「温泉」と「メシ」_f0157812_09492422.jpg

パイセンのかき揚げ
ラベンダーの日の「温泉」と「メシ」_f0157812_09492499.jpg


by ymgchsgnb | 2019-06-24 09:53 | essay | Comments(0)
2019年 06月 23日

らんざんラベンダーまつり2019 (3)

蒸し暑いわ、サングラス忘れて眩しいわ、引き画を撮っても大したことないわで、若干写欲が減退気味ではありました。
もうちょっとやる気があったら、もっとミツバチを追いかけてたし、昼ごはんにフードトラック周りしたり、ラベンダーの摘み取り体験もしたかも知れません。

この暑さでラベンダーアイス売り場だけが長蛇の列でした。暑くて並ぶ気にもなりませぬ・・・。
トルコのケバブや、ロシアのピロシキ売り場はさすがに閑古鳥でしたね。
ラベンダー焼きそばとか、ラベンダー饅頭とか、ラベンダー煎餅とかないですかねぇ〜とふざけていたんだけど、饅頭はありましたね(試食しました)
ちゃんと見なかったけど、嵐山辛モツ焼きそばというB級グルメなんかもあったようです。

写真のメタデータを見ると、10時10分〜11時40分の僅かな滞在でありました。入場料分味わってないですね。
おっさんふたりは「もういいよ、温泉行こ」となり、またあの遠〜い駐車場までエッチラオッチラ汗をかきかき歩いて戻りましたとさ。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  他の写真は以下のリンクからどうぞ  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
<Canon EOS 6D>
Carl Zeiss Planar T* 1.4/50
らんざんラベンダーまつり2019 (3)_f0157812_11304006.jpg
らんざんラベンダーまつり2019 (3)_f0157812_11304063.jpg



More・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あと16枚、らんざんラベンダーまつりの写真がありますよ〜

by ymgchsgnb | 2019-06-23 09:12 | photo | Comments(0)
2019年 06月 22日

らんざんラベンダーまつり2019 (2)

ラベンダーと言えば、北海道の富良野ですよね。学生時代に何度も通った個人的に思い入れのある土地ですので特に印象的なんです。
富良野のラベンダー畑は、ここの品種とは明らかに違うようです。
北海道のはイングリッシュ系で紫色が濃く、香りも強い印象。花の密集度が何より高いので、遠くからでも濃い紫に見えるのです。

ところが嵐山のラベンダーはラバンディン系とのこと。色も濃くなく扇状に咲いてしまうので密度もなく、全体的に薄〜い印象です。
天気的にもパキっと晴れれば、もう少し発色も変わってくるかもですが、広い写真を撮っても何かつまらない感じでした。
日本最大級の植え付け面積を丸ごと撮影できる高台も無いですし、そこはドローン任せってことですかな。

なので!マクロレンズを多用して、クローズアップ写真ばかりになります。
ラベンダー畑の住人というか住蜂のミツバチさんの撮影に挑戦です!
これがなかなか大変でして、風でゆらゆら揺れてるラベンダーに、止まってはすぐに離れてしまう常に動き回るミツバチさん。
フォーカスが合うはずがありません・・・1mmでもハズせばボッケボケの世界。

ひたすらファインダーを覗きながらの、ミツバチとフォーカスの合わせ合いが延々とつづきました。
全然納得いく写真は撮れませんでしたが、1枚目の写真が多少マトモかな。
すっかり目がおかしくなってしまい、目のピントがガチャピンになってしまいました・・・(つづく)


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  他の写真は以下のリンクからどうぞ  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
<Canon EOS 6D>
EF100mm Macro F2.8L IS USM
らんざんラベンダーまつり2019 (2)_f0157812_11101704.jpg

EF70-300mm F4-5.6L IS USM
白いラベンダー
らんざんラベンダーまつり2019 (2)_f0157812_11101893.jpg


More・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あと10枚、らんざんラベンダーまつりの写真がありますよ〜

by ymgchsgnb | 2019-06-22 08:46 | photo | Comments(0)
2019年 06月 21日

らんざんラベンダーまつり2019 (1)

パイセンから写真撮影のお誘い。山の誘いじゃないのかよ・・・。

そんなことで行ってまいりました嵐山。って京都じゃないですよ!埼玉の嵐山です。京都の嵐山が圧倒的認知度があるので武蔵嵐山って表記したりします。
そして「あらしやま」じゃないですからね「らんざん」って言います。埼玉県嵐山町です。
今年からはじまったらんざんラベンダーまつり、植え付け面積は日本最大級とか。今年は6月8日〜7月7日の開催です。

公式の無料駐車場にクルマを停めてラベンダー畑に向かいます。おや?周囲には全然紫の畑が見えません。見えるのは緑の田園のみ。
順路案内の通り辿ってゆくと広大な田んぼの向こうに見覚えのある土手が。そうだ都幾川の桜堤だ!あの場所なのかぁ・・・で、ラベンダーは何処?
さらに葉っぱが生い繁った桜堤を歩き、都幾川に架かる橋を渡ると、ようやく向こ〜うにラベンダー畑が見えてきました。
この日は曇り予報だったけど陽射しがキツくすでに滝汗状態。クルマにサングラスを忘れ大後悔・・・。

駐車場から15分歩いてようやく会場に到着しました。すると畑に隣接する駐車場があるではありませんかっ!有料だけど絶対こっちの方がいい(汗&涙)
そしてここは500円の入場料がかかります。チケットを買って再入場不可の園内に入りますが、まずは暑くてテント内の休憩スペースで休みます(ふゅ〜)

少し落ち着いたので、いざラベンダー畑に繰り出して参りますか〜(つづく)


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  他の写真は以下のリンクからどうぞ  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
<Canon EOS 6D>
EF100mm Macro F2.8L IS USM
平日でも午前中からたくさんの人出
らんざんラベンダーまつり2019 (1)_f0157812_10011118.jpg

ラベンダー摘み取り体験
らんざんラベンダーまつり2019 (1)_f0157812_10011196.jpg




More・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あと12枚、らんざんラベンダーまつりの写真がありますよ〜

by ymgchsgnb | 2019-06-21 10:19 | photo | Comments(0)
2019年 01月 18日

チームラボ「森と湖の光の祭」再訪

ダイエット中にもかかわらず、nordicsでは随分と食べ過ぎてしまった。

ならば森と湖を歩けばいいのだ。

前回は三脚使用禁止というハンデはあるけれど、ちゃんと一眼レフで撮影しましたが、今回はiPhone 7で撮影してみました。

これが今どきのiPhoneはなかなかの実力なんですよ!最新機種ではないiPhone 7だけど、編集して調整すれば以下の通りでございます。

三脚使えずに感度を上げて撮って画像荒れるより、最新スマホなら良い勝負なんだろうなと思った。

前回来たオープンしたての12月に比べて、クリスマス時期も過ぎた1月の平日は、客も少なめで快適に見て回れましたよ。

光のたまごに触れて色が伝搬してゆく様は、人が少なければ少ないほど遠くまで伝わっていゆくのが見えて愉しい。

光の伝搬はたまご同士だけに留まらず、森の木々や湖畔の木々にも伝わり、遠く湖の反対側まで伝わってゆくのが見て取れました。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
昔のAppleの広告みたい
チームラボ「森と湖の光の祭」再訪_f0157812_15060998.jpg
チームラボ「森と湖の光の祭」再訪_f0157812_15061086.jpg


More・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あと10枚、チームラボ「森と湖の光の祭」を再訪した写真がありますよ

by ymgchsgnb | 2019-01-18 08:54 | photo | Comments(0)
2019年 01月 17日

メッツァで北欧ディナー

またメッツァ行ってきました。

お目当はチームラボ 森と湖の光の祭・・・ではなく、今回は北欧雑貨と北欧料理です。

メッツァ内にはバイキングホールという食事処もありますが、今回はノルディックスクエア前にあるnordicsというカフェ&雑貨の店で食事しました。

チームラボがオープンする際、入場ゲートを設置するため一旦会場から退却するので17時から30分間はnordicsも退店です。

すなわち17時半の再オープン後は、チームラボに入場料を払わなければ行けない店なのです。

チームラボがオープンして他のお客さんが光のたまごへ向かう中、まずは腹ごしらえをと再オープンしたてのnordicsへ。

パスタ、スモーブロー、スープなどひと通りの料理を注文。それぞれは決して安くはありませんが奮発しました。

この店は北欧のブランドを傘下に持つフィスカースジャパンがプロデュースしてる店だけに、テーブルウェアが秀逸なんです。

プレートやカトラリーはロイヤルコペンハーゲンで、プレートの裏には職人が責任をもって仕上げた証のサイン入りで、10,000円を超えるもの。

店内にあるセルフのレモン水の横には、イッタラのコップが積み上げられていて何とも贅沢だ。

何よりすべての料理が美味しい!デンマークの伝統料理スモーブローをサラダ仕立てにしたのも最高だったし、スープに付いてくるパンが

モチモチしっとりで良かった。

お腹も心も贅沢で満たした後は、腹ごなしにチームラボを堪能しながら森と湖を歩くのは結構オススメだと思う。

こりゃまだまだ通いそうだ。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
贅沢な光景
メッツァで北欧ディナー_f0157812_14023346.jpg
nordics
メッツァで北欧ディナー_f0157812_14023473.jpg


More・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あと13枚、nordicsでの食事写真があります!

by ymgchsgnb | 2019-01-17 14:31 | foods | Comments(0)
2018年 12月 20日

チームラボ 森と湖の光の祭 まるでデジタルな紅葉

明るい時に行ったウーテピルスへ夜になって再び訪れてみた。

夜の本格営業もはじまり寒空の下、暖かい食事とお酒を愉しむお客が結構いました。

クリスマス時期だけだろうけど、ツリーや装飾で雰囲気が良い。

今度はここでも食事を愉しんでみたいぞ。クルマだからお酒は飲めないけど(クルマじゃなくても飲まないけど・・・)

最後にビレッジの中心部へ戻ってきて、改めて対岸の森を眺める。

誰かが触れた光に呼応して広がっていってるのだろうか、色とりどり絶えず光が変化している様がとても綺麗だ。

そして手持ち撮影がゆえの、シャープさがない写真が何とも言えないが、そこは大目に見て欲しい。

たぶん開催中にまた再訪するだろうが、その時は北欧雑貨を買いに走るかも知れません。

来春のムーミンはさすがに男ひとりでは行けないので、親戚の子供を連れてとかなら行ってみたいかな。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D>
EF35mm F1.4L USM
最奥の高台も光に包まれている
チームラボ 森と湖の光の祭 まるでデジタルな紅葉_f0157812_19302478.jpg
EF24-105mm F4L IS USM
チームラボ 森と湖の光の祭 まるでデジタルな紅葉_f0157812_19295043.jpg


More・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あと15枚、チームラボ 森と湖の光の祭の写真がありますよ!!

by ymgchsgnb | 2018-12-20 08:25 | photo | Comments(0)
2018年 12月 19日

チームラボ 森と湖の光の祭「呼応する、たちつづけるものたちと森」

湖畔の森をさらに奥に進むと、徐々に道は登ってゆく。この頃になると寒さを感じなくなっていた。

歩いてカラダが熱を生んでいるからか、はたまた周りの光で視覚的な暖かさを感じているからだろうか。

湖畔の高台が最奥地点になっていて、タマゴ型の光が一番たくさん密集していて、巨大なものもあった。

呼応する、たちつづけるものたちと森と呼ばれる場所だ。

ひとつのタマゴに触れると周囲のタマゴに伝搬していくのがよくわかる。他の客はこれを知って触れているのだろうか?

ひと気のないタマゴのところで触れると、特に呼応しているのがよくわかる。

タマゴ密集地帯で、他の客をシルエット風に撮るのがグラフィカルで面白かったかな。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
チームラボ 森と湖の光の祭「呼応する、たちつづけるものたちと森」_f0157812_19030395.jpg

道は徐々に上り坂に
チームラボ 森と湖の光の祭「呼応する、たちつづけるものたちと森」_f0157812_19030378.jpg


More・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あと14枚、チームラボ 森と湖の光の祭の写真がありますよ!

by ymgchsgnb | 2018-12-19 08:08 | photo | Comments(0)