Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:神奈川 ( 56 ) タグの人気記事


2018年 05月 07日

相模の大凧 2018(4)

4間凧は時折牙を剥きながらも、宥められた暴れ馬のように落ち着いてはきていた。

綱を持つ男衆らが、司令塔の掛け声のもと、順繰りに前へ前へと持ち手が移動していく。

バットを短めに持つバッターのように、綱も短めに持った方がコントロールしやすいのだろうか。

そうする内に、会場のスピーカーから「ただいま、凧を下ろす作業をしています」とアナウンスがあった。

しばらく揚げてはおけないのだろうか?それともじゃじゃ馬馴らしも長くはやってられないという判断なのか。

ただここからが面白く、凧を下ろすことがこれほどドラマチックだとは思わなかった。

ひとり、ふたりと綱を押さえる男衆が凧側に移っていき、徐々に綱を短くしてゆく。司令塔は風を読み、綱を風上へと引き手を誘導してゆく。

そして凧には数十メートルに及ぶしっぽが2本が垂れているが、それを掴んで下ろそうとする人員も配置されたが、そう易々とは掴めない。

「もっと揚がっていたいのよ〜!」と、下ろそうとするのを嫌がるように凧が暴れだす。それに合わせてしっぽはより大きく振れる。

あれに当たったら大ケガしそうだが、河原側に逃げていきそうなところで何とかキャッチ。数人が身を呈して凧を手繰り寄せる。

左に大きく倒れて着地したかのように見えた凧だが、最後の力を振り絞って再び舞い上がろうとする。

今度は右に大きく振れ飛び立つところに、男衆が本体の端を掴み地面に叩きつけた。観念した中凧は地面にひれ伏し、暴れるのをやめた。

会場内からはようやく揚がった凧と、それを下ろした引き手衆に拍手喝采。約20分の凧揚げだった。

その後、相模原側も座間側も大凧を揚げる雰囲気を見せないし、自分的に撮れ高もあったので会場を後にしたのだった。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D>
EF24-105mm F4L IS USM
風上に移動してきた引き手衆
f0157812_04314100.jpg

EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM
なんとか下ろせたかのように見えたが・・・
f0157812_04314129.jpg


More・・・・・あと15枚、相模の大凧まつりでの写真がありますよ!!!!

by ymgchsgnb | 2018-05-07 12:08 | photo | Comments(0)
2018年 05月 06日

相模の大凧 2018(3)

大凧揚げの失敗がつづいたので、一旦中凧?小凧?を揚げるようです。

大凧が8間凧なのに対し、これは4間凧のようです。

大きさ的には小凧というより中凧です。いやいや、大凧を見なければ十分大凧と呼べる大きさです。

ワンルームだったら十分に暮らせる広さであります。

そして大凧失敗から30分、合図の白い旗が上げられました。

大凧とは違って形の整った中凧は、春風に瞬時に舞い上がります・・・が、暴れる暴れる。

右に左に90度横に向くほど凧が振れ、安定とは程遠い感じがヒヤヒヤわくわくさせてくれます。

綱を引く男衆も、気性の荒い暴れ馬かのような凧に手を焼いている様子。

しばらくすると時折暴れながらも安定の域に達したようで、安心して見ていられるようになりました。

安定しているのも写真的にはちょっとツマラナイなぁなんて思ったりして。(つづく)


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D>
EF50mm F1.4 USM
中凧用意
f0157812_03211559.jpg

EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM
舞い上がったぁ!
f0157812_03211649.jpg


More・・・・・・あと16枚、相模の大凧祭りの写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2018-05-06 09:00 | photo | Comments(0)
2018年 05月 05日

相模の大凧 2018(2)

相模の大凧まつりの各会場の中でも、一番大きな凧が揚がるのが新戸会場の8間凧

14.5m四方の大きさで、128畳もの大きさはまさに日本一!

200mにも及ぶ引き綱の重さも含めると、950kgにもなる大凧。しっぽの長さは85mもあります。

この巨大で重い凧を揚げるには、秒速10〜15mの風が必要で、人員も80〜100人必要です。

竹で骨組みをして、着脱可能な和紙にその年の漢字2文字が赤と緑で描かれます。

今年は「」。ここ数年は「風」が入るのが恒例化してるようです。

準備が整い、引き綱に保存会のおっちゃん達と「三菱重工相模原ダイナボアーズ」という力自慢のラグビー選手たちの手がかかる。

そして12時11分、大凧が立ち上げられた。南風はやや強いが言うことなし。

しかし、バランス取りが不十分な大凧に、この強風では横方向にベクトルが向いてしまい、会場に響く悲鳴と共に横倒れ・・・。

大凧に近づいてみると、骨組みが数ヶ所バキっと折れてしまっている複雑骨折状態。

これではすぐに揚がることはないだろう・・・祭り初日は午前中で3回挑戦するも失敗に終わったと、全国ニュースも伝えていた。
(つづく)


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D>
EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM
f0157812_17350214.jpg

さぁ!立ち上がった!
f0157812_17350276.jpg


More・・・・・あと12枚、相模の大凧まつりでの写真があります!!

by ymgchsgnb | 2018-05-05 09:00 | photo | Comments(0)
2018年 05月 04日

相模の大凧 2018(1)

わが町には日本一の大凧を揚げる祭りがある。

「日本一」を謳う大凧はいくつもあれど、大きさもさることながら、あらゆる条件を満たし、毎年挙げているのは相模の大凧だけ。

例年ゴールデンウィーク中の2日間に開催される相模の大凧まつり。

今年は休日にあたり、天気も快晴の好条件だったので、カメラを携えて出かけてきました。

祭り会場は相模原市と座間市に跨りいくつかの会場に分かれている。

折からの強風で、鯉のぼりは勢いよく風を泳いでいたが、大凧揚げには風が強く危険かも。

大凧は一度揚げて失敗したのか、骨組みを修復中だった。

「昼メシ前に揚げるぞー!」と関係者から声が上がったので、我々見物客は規制線外へ退避。

多くの見物客が固唾を飲んで見守る中、いよいよ大凧につながる引き綱が引かれた・・・(つづく)


撮影日:5月4日


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D>
EF24-105mm F4L IS USM
f0157812_16584965.jpg

大凧揚げ準備
f0157812_16584912.jpg


More・・・・・あと15枚、相模の大凧まつりでの写真がありますよ!

by ymgchsgnb | 2018-05-04 17:25 | photo | Comments(0)
2018年 02月 10日

かつや1号店

外食チェーン聖地巡礼の旅。

ご存知 かつや の1号店は地元の相模大野店でした。

以前から知ってたけど、ようやく行ってみた。開店から20年とのことだ。

でも暖房故障中で寒かった〜。女性店員震えてたぞ。上着着ればいいのに〜。

たま〜〜〜に、かつや行くけど、安いのに十分だよね。デフレに貢献しちゃってるよね。

安いから、キャベツ少なめだよね。

だからとんかつで食べるより、かつ丼にした方が納得するよね。

そんなこんなの聖地巡礼でした。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
かつや1号店
f0157812_14154834.jpg

食べかけ・・・
f0157812_14154822.jpg
f0157812_14154885.jpg


by ymgchsgnb | 2018-02-10 14:27 | foods | Comments(0)
2018年 01月 24日

寒波到来

記録的寒波(冬将軍)がやってきてます。

ロシアでマイナス60度を下回せた寒波です。

数年振りに、都心でも大雪が降りました。

台風とか大雪とか、大抵そういう時は仕事が運良く休みな私です。

「平成最後の大雪」と言われる今回の大雪は、甲信地方より都心の方が積雪が上回ったという珍しい気象でした。

南岸低気圧ってやつが何やらしたんでしょう。

神奈川の現在は一転、晴れがつづいてますが、寒波の本体が南下してくるのはこれからのようです。

山へ行きたいウズウズと、寒波と荒天のオズオズが同居している今日この頃であります。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
f0157812_13492448.jpg
f0157812_13492431.jpg


by ymgchsgnb | 2018-01-24 13:57 | essay | Comments(0)
2018年 01月 11日

博多天ぷら

TVで見て、博多へ行ったら是非行って見たいと思う天ぷら屋さんがあった。
博多では一般的らしいが、カウンター席が主で、揚げたての天ぷらを次々出してくれるお店だった。おまけに惣菜系は食べ放題。
今では全国区だが関西の串揚げのお店的な、注文してその都度揚げてくれるタイプ。
天ぷら屋さんというと、銀座や日本橋にありそうな格式高い和食屋で、庶民には入りづらい店しか知らない。
和食レストランやそば屋で、ついでに注文できる店くらいでしか食べたことない。専門店では「てんや」 くらいか?

そんなラフでお手軽な博多系の天ぷら屋さんが厚木にあった。全然気づかなかったけど、結構前からあったようだ。
博多天ぷら食堂 なぐやというお店で、本場博多には店舗はないようだ。
店に入るや否や、食券制か・・・決まった天ぷら定食があればそれで良いけど、初めてだったしあれこれ食べてみたい天ぷらもあったし
後ろから客も来てたプレッシャーもあってか、思わず冬限定の牡蠣河豚定食(1,290円)といおう一番高いやつにしてしまった。
席に着いてからでも現金精算で自由に注文はできるようだ。

席に着くとバットに金網の揚げ皿?と、大根おろしが盛られた天つゆが置かれ、ちょっと待ったがごはんとみそ汁が来た。
ちなみに大根おろしの他に、柚子胡椒、おろししょうがなどが注文し放題。
天ぷらが揚がるまで、無料の高菜炒め、ひじきの煮物、もやしの和え物もチビチビ食べて待つ。いかの塩辛が50円と有料なのが
残念だったが注文しました。ワタなしで柚子風味なので、自分的には全然塩辛感がなく、たこわさなような感じだった。

カウンターに囲まれるように店内の中央に揚げ処があって、女性スタッフがひとりで揚げていた。そしていよいよ天ぷらが来た!
その女性が揚げたての天ぷらをひとつずつ丁寧に客に運び回ってゆく。「次は何々でーす」とか次回予告もしてくれる。
でもこれ、自分の食べたい順番では食べられないよね。さすがにメインどころが先に来て、最後に何の変哲も無い野菜とかヤダよね。
まぁそんなことにならないように、ちゃんと揚げ分けてくれるはず。
運ばれてきた順番は、えび → かぶ → 豚ロース(名物らしいので単品注文) → 牡蠣×2 → ヤングコーン(カレー塩をオススメされた)
→ れんこん → 河豚 → かぼちゃだった。実際順番的には最後が何の変哲も無い野菜ではあったが、その頃には食べ切ってない
天ぷらが溜まっていたし、「次のかぼちゃで最後でーす」と言ってくれたので、最後に河豚を残したのだった。

このスタイルの良いところは、常に熱々でハフハフの天ぷらが食べられるということ。
考えてみたら今まで、こんな熱いままの天ぷらってほとんど食べたことがなかったかもって気づかされた。
熱々なので食べるスピードも抑えられ、決して少なくないし満腹感も得られるので、かなり良かったのでまた行ってみたいと思えた。
17時の入店時がほとんど客がいなかったが、食べ終わる頃は席空き待ちになっていたほどだった。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
結構厚みのある河豚でした
f0157812_13324005.jpg
f0157812_13324033.jpg


More・・・・・あと9枚、天ぷらの写真がありますー

by ymgchsgnb | 2018-01-11 08:00 | foods | Comments(0)
2018年 01月 08日

正月恒例

正月は恒例のあの仕事でした。

大晦日に初雪が降った都心だけれども、箱根は雨がポツっただけで、例年のように快晴の年末年始でした。

仕事自体は早めに終わるので、宿に戻ってからは夕食以外寝たきり状態。

すっかり仕事しながら寝正月な訳ですね。

今回は温泉三昧でもあって、朝晩必ずたっぷり浸かっていたし、元日と2日は森の湯も堪能しました。

今年一番のスーパームーンを露天風呂に映しながらの温泉が堪らなかったですね。

極楽極楽〜。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
現場からの箱根の山々
f0157812_13122656.jpg

最終日の朝は早い
f0157812_13122680.jpg

惜しくもパール富士ならず
f0157812_13122650.jpg


by ymgchsgnb | 2018-01-08 13:19 | work site | Comments(0)
2017年 11月 11日

オールドヒッコリー

地元にあるピザ屋のオールドヒッコリー

子供の頃何回か行ったかな?数年前の同窓会の二次会でも行ったか。

ちゃんとしたピザが食べたくなって、久しぶりに行って見ました。ちょっとお高めのお店なんだけどね。

本場イタリア風のピザと、アメリカンピザの両方があるんですよ。

イタリアンピザが好みなので、今回はマルゲリータフンギを2枚。

写真撮るの忘れたので、かなり食べ進んだあとの写真です。

石窯のピザはいいね。

それと、よくあるイタリアのピザ職人大会で世界一になった人がいるようです。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
f0157812_15442696.jpg
f0157812_15442672.jpg


More・・・・・あと2枚、オールドヒッコリーの写真がありますよ

by ymgchsgnb | 2017-11-11 08:00 | foods | Comments(0)
2017年 08月 16日

小田原漁港でランチす!

お盆で親戚がやって来て、墓参りをした後にいつも「さて、どこ行こうか?」となる。
毎回ノープランなのだが「小田原の漁港のアジフライが食べたい」となったので向かった。

昼を大分回った時間だったが平日とは言え、お盆休みだけにたくさんの人が訪れていた。
西湘バイパスの橋梁の真下にある無料の駐車場に停めるのに多少苦労したが、何とか駐車できた。

漁師飯などの店が点在しているので、まずはロケハンがてら散策。
ネットで見つけたアジフライの店は、お盆休みだったり、行列ができていたり。
中でも一番行列ができていたのは、かき氷の店だった。。

浜焼きバイキングの店も気になったが、言うほど空腹でもなかったので、小田原漁港の公設卸売市場の2階にある
魚市場食堂に向かった。
平日は朝7時からやってる食堂で、普段は市場関係者の朝昼ごはんを提供している所なのだろうが、土休日には混雑するんだろうな。
先に食券を券売機で購入するタイプの食堂なので、2階部分の狭いキャットウォークには行列ができていた。
窓ガラスにメニューが書いてあったが、決め切らないウチに券売機を前にすると焦る焦る。

15時ラストオーダーの30分前に何とか食券を購入し、ほぼ埋まっているテーブル席に着いて落ち着く。
テーブルに置いてあるメニュー表を改めて見ると「こんなのもあったじゃん〜!」と後の祭りは世の常。
もっと冷静に焦らずメニューを決めなければならない。

渡された番号札の番号が呼ばれたら、取りに行くシステムだ。ちなみに返却もセルフだぞ。
自分が注文したのは、本日のオススメの中のひとつ「刺身(マグロ&カンパチ)定食+アジフライ」で、母たちは
「アジフライ定食」(910円)を頼んでいた。
マグロは安めのメバチかな?カンパチは脂が乗っているというよりも脂っこく、養殖なのかな?歯応えはあった。
アジフライは2枚付いていて、もちろん美味しかったが特筆すべきものではなく、極普通のアジフライだ。
アジフライ定食は4枚付いていて、1枚だけカレー風味だったそうな。さすがに4枚ともなると飽きていた。

何度か小田原漁港は車でどんなもんかと寄ったことはあるけど、降りたことはなかった。
朝からやってるし、他にも漁師飯や夜までやってる浜焼きバイキングもあるし、ひとりでもみんなとでも再訪してみよう。
次は敢えてシーフードカレーと刺身盛り合わせかな。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
刺身とアジフライの定食(1,450円)
あら汁が無くなり、アジのつみれ汁になった
f0157812_13340686.jpg
f0157812_13340684.jpg


More・・・・・あと11枚、小田原漁港でのランチ写真がありますぞ

by ymgchsgnb | 2017-08-16 14:06 | foods | Comments(0)