Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:花火 ( 38 ) タグの人気記事


2018年 08月 09日

あつぎ鮎まつり花火 2018(3)

この花火大会、周辺の道路は規制され、道路から見やすいところは目隠し措置までつ徹底ぶり。

事故の元だしわかりますけど、あまりの鉄壁ぶりに、歩いて行くのも途中で嫌になっちゃったくらい。

都会の花火大会はストレスが多いです。キレイで大迫力の花火を見終わって気分もスッキリと行かないのは、帰りのストレスがあるから。

花火の風物詩と言いますか、渋滞・混雑は切っても切り離せないものです。

面白かったというか、会場中苦笑いだったのが、打ち上げ会場の河川敷に沿って通る圏央道から、警察の怒号が鳴り響いてたこと。

会場には作品名やスポンサー紹介、偉いさんの挨拶など進行のアナウンスがPAで鳴ってますが、それを搔き消す勢いので

「スピードを落とさないでください!」「ここは高速道路ですよ!花火を見ないでください!」などと大音量で響いてました。

会場からは笑いが起きてたほど。まぁ無理もないよ、人間の心理ってもんだから・・・。

花火の帰りに原付で走りながら、行く手に花火が上がっているのが目に入った。米軍キャンプ座間の盆踊り大会だ!

確か一昨年も同じことを思ったんだった。花火大会よりも、盆踊りついでの花火の方が風情があっていいから今度はこっちを撮ろうって。

花火サイトには掲載されていない情報だから、つい忘れちゃうんだよね。来年こそ覚えておこう〜。

付近の道路沿いにはズラーっと路駐して、みなさん空を見上げていましたよ。

ここでも警察が先程の圏央道よろしく「道路に止まらないでくださ〜い!」「車を動かしてくださいっ!」って叫んでたな笑


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_16002696.jpg
f0157812_16002610.jpg


More・・・・・あと14枚、あつぎ鮎まつり花火の写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2018-08-09 09:00 | photo | Comments(0)
2018年 08月 08日

あつぎ鮎まつり花火 2018(2)

19時に打ち上げが開始された花火。

夏のこの時間だと、マジックタイム、トワイライトの空の色が写せてキレイでいいな。

先日の本栖湖みたいに真っ暗になってからだと、写真としてつまらなくなる。

そんなこと言いつつも、露出の関係で黒バックになりがちなことを愉しんでました。

相変わらず予測のつかない写真が面白くて、レンズを望遠側にしてせっせとフォーカスリングを動かしています。

今回はそんな写真ばかりを載せています。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_15350581.jpg
f0157812_15350679.jpg


More・・・・・あと18枚、あつぎ鮎まつり花火の写真がありますよ!!

by ymgchsgnb | 2018-08-08 09:00 | photo | Comments(0)
2018年 08月 07日

あつぎ鮎まつり花火 2018(1)

神奈川県の県央にある厚木市と海老名市の間に流れる相模川の河川敷から打ち上げられる花火。

2011年2016年以来3度目の撮影です。

毎回違うポイントから撮影してますが、2011年はちょっと遠くて、2016年は厚木側の懐深く潜入できて、打ち上げ場所が見える

かなり近くから撮影することができた。

今回は海老名側の至近距離を狙うべく向かったが、なかなかガードが堅く原付でも一切近くまで潜入できなかった。

それでも近くまで踏み込んだが、歩きでも近くに潜入できず、結果的にかなり歩かされて、一般客と同じ行程を辿るしかなかった。

打ち上げ時間のギリギリに到着し、三脚を構え撮影しはじめたが、そこは立ち止まって観覧してはいけない場所らしく

みんな一般観覧席に押しやられてしまい、はじめの内は撮影もままならなかった。

一般観覧席では、河川敷の砂利にみんな座り込んで見ているので、三脚を構えては邪魔になるだろうと、一番後ろ(一番遠く)まで

下がってようやく三脚を構えられた。

付近には一眼レフや三脚を構える人は全くいなくて、写真を撮る人はここに来てもロケーションが良くないと言うことなのだろうか。

わかってる人はもっと良いポイントあるのだろう。

結果的に望遠も使わないほどほどの距離で撮影できて、撮影ポイント的には申し分ないのだろうが、機材を持っていくにはアクセスが

悪いということか。

撮影日:8月4日


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_14041319.jpg
f0157812_14041340.jpg



More・・・・・あと13枚、あつぎ鮎まつり花火の写真がありますよ!

by ymgchsgnb | 2018-08-07 09:00 | photo | Comments(0)
2018年 08月 05日

本栖湖神湖祭2018 後編

1,000発の花火を45分かけて上げるので、1発1発がゆっくりでスターマイン的なものはありません。

下の方で乱発するのはあるけど、上空に上げまくるといったものはクライマックスくらいかな。

音も当たり前ですが迫力は伝わってきません。望遠がちな撮影でいつものことですが、遅延も相当です。

たま〜に尺玉が上がって花開くと、さすがに音圧がスゴイですね!

写真を撮りつつも、単調で金太郎飴的なものになってきた時「今頃、長岡の花火はスゴイんだろう〜な〜」なんて思いに耽ってしまった。

来年はまた長岡にトライしようかなぁ。。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM>
f0157812_12441316.jpg

尺玉
f0157812_12441486.jpg


More・・・・・あと13枚、本栖湖神湖祭の写真がありまっせ〜〜

by ymgchsgnb | 2018-08-05 09:00 | photo | Comments(0)
2018年 08月 04日

本栖湖神湖祭2018 前編

毎年8月1日〜5日にかけて、富士五湖にて日替わりで花火大会が開催される。

休みが本栖湖神湖祭と合いましたので行ってきました。

山中湖や河口湖の花火と比べて、打ち上げ数1,000発と小規模なのと、一番西側で遠い湖なので来場者数も少なく快適に見られるそう。

打ち上げ1時間前に到着すると、渋滞もほとんどなくアクセスできました。本栖湖を一周してロケハンする余裕もあった。

湖畔に点在するキャンプ場は夏休みとは言え、平日なのに盛況だったのは意外や意外。

さすがに打ち上げ会場近くは、駐車場にクルマを停めるのもままならない感じだったけど、本命の撮影ポイントである千円札の裏に

描かれている富士ビューポイントに落ち着いた。

残念ながらガスっていて富士山は望めなかったので、何の変哲も無い湖越しの花火写真になることだろう。

有名なビューポイントなので、ここにはカメラマンがたくさんて、カメラマンたちは口々に「意外と遠いなぁ〜」「寄れるかなぁ〜」

などと不安を漏らしていた。自分ははじめからいつもの望遠を構えて準備。

打ち上げ時間が20時からと遅めだ。周囲の旅館客などが夕飯を食べた後に花火鑑賞ができるようにと言うことだろうか。

写真的には薄暮くらいから上げてもらえると写真映えするし、晴れてれば富士山とも合わせて撮れるんだけどなー。

撮影日:8月3日


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM>
ノン富士ビュー
f0157812_11482756.jpg
f0157812_11482818.jpg


More・・・・・あと15枚、本栖湖神湖祭の写真がありまっせ〜

by ymgchsgnb | 2018-08-04 12:15 | photo | Comments(0)
2018年 02月 06日

河口湖冬花火 〜後編〜

分厚い雲もさることながら、風も味方をしてくれませんでした。

花火打ち上げ開始から数分で、煙が邪魔をしはじめます。

どんどん溜まる煙。

花火が徐々に欠けだし、仕舞いには全く見えなくなるものも。

周りのカメラマンたちから漏れる声は「悲惨な花火だなぁ〜」「今日はダメだ」などの言葉たち。

こっちもせっかく来たのに残念極まりないっすよ。無念であります!

花火終わりで、富士山を絡めた星景写真も撮影しようとしてたけど、きっぱり諦め尻尾を巻いて帰りましたとさ。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_15115726.jpg

祭りのあと・・・
f0157812_15115876.jpg


More・・・・・あと8枚、河口湖冬花火の写真があります。。。

by ymgchsgnb | 2018-02-06 08:00 | photo | Comments(0)
2018年 02月 05日

河口湖冬花火 〜前編〜

河口湖では冬も花火大会が催されている。

2018年は1月13日〜2月18日までの土日と、2月23日(富士山の日)に開催されています。

打ち上げ場所は3箇所で、メイン会場の大池公園畳岩八木崎公園となっておりコチラを参照してください。

狙いは多くの旅館が連なる河口湖北岸で、打ち上げ会場の対岸になります。これは当然背景に富士山を入れ込みたいから。

ただ、打ち上げ時間が20時からと遅い時間に設定されている。これは旅館宿泊客を考慮してのことだろう。

この打ち上げ時間だと、空は真っ暗で明るい花火と、暗くなった富士山を一度に撮ることは難しい。

よくある写真は、明るいうちに富士山を撮影しておいて、同ポジで花火を撮り、あとで比較明合成をしているものだ。

RAWで撮影すれば調整次第でそこそこ富士山を浮かび上がらせることは可能だろうけど。

まぁそんなことなどがやりたくて、機会を窺っていたんだけど、いざ来てみるとなかなか悲惨な天候になってしまいました。

道志村を駆け抜けてる時からヤバイと思ってたけど、引き返すことができなくて、夜の天候回復に賭けたんだけど敢えなく撃沈です。

そんな花火写真をご覧ください。。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
まったく富士山見えません・・・
f0157812_14535636.jpg
f0157812_14535819.jpg


More・・・・・あと8枚、河口湖冬花火の写真があります。。

by ymgchsgnb | 2018-02-05 08:00 | photo | Comments(0)
2017年 11月 07日

ひと月遅れの土浦全国花火競技大会

ちょうど1ヶ月前、日本三大花火大会のひとつでもある土浦全国花火競技大会の生中継をやりました。

1ヶ月寝かした訳ではありませぬ。

ブログネタはたくさんあるんだけど、ただ更新が億劫になってたのと、出張続きでアップできなかったのとです。

エキサイトアプリからでも更新できますが、パソコンからアップしたいのです。(変なこだわり)

1ヶ月前はまだ夏の陽射しもあって、夏って感じもあったなぁ。

本番中は、特等席のビルの上から花火を見上げ堪能していましたが、やはり「日本三大」というだけあって

物凄い迫力と規模でしたよ!今までノーマークでした。

プライベートでも撮影に来たいし、また来年以降仕事で来るのもいいかも。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
桜川の河川敷に広がる桟敷席
f0157812_21424921.jpg

打上げ場所のひとつはイオンモールの駐車場
営業中止させてます
f0157812_21435107.jpg


More・・・・・あと10枚、土浦花火の写真がありますです

by ymgchsgnb | 2017-11-07 21:50 | work site | Comments(0)
2017年 08月 07日

日本三大花火大会「長岡の花火2017」(4)

花火大会の中盤の「フェニックス」は圧巻だった。
しかしそれが生んだ煙も圧巻だった・・・

花火見物、いや花火撮影というものは風向きが重要なファクターになってくる。
当日の中越地方の風向き情報は「弱めの北西の風」とはわかっていたが、それでも撮影場所を優先してしまった。
長岡市街を南から北に流れる信濃川が打ち上げ場所で、撮影した東山は右岸にあたる東側。
予報の通り、西よりの風が煙を東側へ運んできてしまったのだ。

花火大会後半は南東に煙が広がり、時に完全に煙の中で光る花火などが見られた。
良く言えば幻想的、悪く言えば見てられない。
周りの見物客も「毎年これだもん〜」などの声が漏れていた。
風は基本西から吹いてくるので、来年以降もチャンスがあれば、左岸からの撮影スポットもリサーチしてみよう。

後半も見モノがつづく長岡の花火。
正三尺玉3連発&ナイアガラミラクルスターマイン、長岡ゆかりの武将「直江兼続」が主人公になった大河ドラマ「天地人」の
テーマに合わせた天地人花火(1日目のみ)
そして、クライマックス的なこちらも音楽に合わせた米百俵花火・尺玉100連発とつづいた。

正三尺玉は信濃川のかなり上流側から打ち上げられた。600m打ち上げられ直径600mもの大輪の花を咲かせる、日本最大級の花火。
5km離れた距離から見ていても、その距離を感じさせない迫力と音だった。これ近くで見てたら相当スゴイよね。
長生橋からのナイアガラとの共演もしっかり眺められました。

写真的には残念な後半だったけど、最後まで愉しめました。
21時15分頃花火大会が終了し、混雑を回避するためしばらく花火写真をFBにアップしつつ、22時に東山を後にしました。
中心街から離れた国道17号は混雑もなかったが、小千谷市で2車線が1車線になるところで渋滞した程度で大したことはなかった。
越後川口I.Cで関越道に乗り一気に帰京。帰宅したのは思ったよりも早い午前1時30分だった。
そして早朝からの仕事のため5時に起きて仕事へ向かうのであった。。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM>
正三尺玉3連発&ナイアガラ
f0157812_06532548.jpg

ミラクルスターマイン
f0157812_06532553.jpg


More・・・・・あと19枚、「長岡の花火」写真がありますよ◎◎◎◎

by ymgchsgnb | 2017-08-07 18:00 | photo | Comments(0)
2017年 08月 06日

日本三大花火大会「長岡の花火2017」(3)

長岡の花火のイメージとして「幅広な打ち上げ」というのがあった。
それはフェニックスという花火のことだった。
この花火は2005年に新潟を襲った水害、豪雪そして中越大震災の復興を願って打ち上げられた超ワイドスケールの花火で
信濃川河川敷に設置された約2kmの幅の打ち上げ場所(今年は9箇所)からの長岡花火の目玉だ。
震災復興の応援歌として新潟県民のリクエストが一番多かった平原綾香のデビュー曲「Jupiter」がテーマになっている。
しかもその音楽に連動して花火が打ち上げられるのだ。

それが一番愉しみでもあり、その花火を撮るためにこんな遠い高台にやって来たのだ。
会場近くではそれは相当な大迫力だろうけど、その打ち上げ幅から至近距離では全貌を眺められることは難しいだろう。
なのである程度の距離感が必要なのだ。
今回来てみて思ったけど、この5kmという射程距離が限界かも知れない。
300mm以上の望遠レンズを用意すれば、より遠いところからの撮影も可能だが、あまり離れても意味がない。
もし来年以降また訪れることがあったら、もう少し近場の撮影スポットを検討してみたい。

隣りの見物客がラジオを聴いてくれたおかげで、音楽とともにフェニックスの感動に浸れたけど、やはりラジオは必須だった。
これが音楽無しだったら味も祈願も感じられない。しかも15秒以上も音が遅れて届く距離だ。
長岡市は最も震災の被害が出た山古志村を編入した自治体だ。震災復興の祈りが直に感じられ、曲と共にフェニックスが
終わった時は、自然と目頭が熱くなっていた。
隣りのおっちゃんも「平原綾香のこの曲がいいんだよねぁ〜」としみじみしていた。

この「Jupiter」という曲が改めて良い曲に感じられ、今こうしてブログを書きながらiTunesで再生して聴いている。
あの花火の感動を思い出し、また涙がチョチョ切れて(死語)しまう。
(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM>
復興祈願花火「フェニックス」
f0157812_20505253.jpg

最後に打ち上げられるこの花火が「不死鳥」の形をしている
f0157812_19180149.jpg


More・・・・・あと18枚、復興祈願花火「フェニックス」の写真がありますよ◎◎◎◎◎◎◎◎◎

by ymgchsgnb | 2017-08-06 19:00 | photo | Comments(0)