Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:食事 ( 325 ) タグの人気記事


2018年 04月 16日

久々のジョリーパスタ

そうそう、この前山梨へ桜を撮りに行った時に、久しぶりにジョリーパスタ行ったんですよ。

山梨行くと大抵小作のほうとうを食べるんだけど、今回はパスタが食べたくなったのでね。

「麺」には変わりないか。

サラダ好きの私にとっては嬉しい2〜3人前用のサラダがあっていいね。

ホントは4〜5人用くらい食べたいけど。

パスタも久々で美味しかったな。家でも最近作ってないから、殊更に美味しく感じたよ。

別皿のグラナパダーノっちゅうチーズを全部かけてね。

今度行ったらアルデンテでお願いしますって言ってみようかな。果たして応じてくれるでしょうか?


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
f0157812_14025856.jpg
f0157812_14025726.jpg


by ymgchsgnb | 2018-04-16 14:09 | foods | Comments(0)
2018年 03月 27日

ベトナム料理

世田谷通りにサイゴンという名の知れたベトナム料理屋がある。上町と狛江にあるのは知っていたが、もうちょっと支店があるようだ。

ようやく訪れることができた今回は、亞細亞食堂サイゴン狛江店。日曜の夕方で少々賑わっていた。

名前からしてベトナム料理専門店かと思っていたが、タイ、ネパール料理などもあるんだね。

思わずナンとカレーが食べたくなったが、今回はベトナムモードで行くことにする。とか言ってタイ料理も注文してたるする。

シェアで注文したのは、アムウンセン砂肝とにんにくの芽炒め揚げ春巻き

どれにもパクチーが盛ってあり雰囲気が出る。かくいう私はパクチーが嫌いではない。

〆は当然フォー。

すでに満腹状態になっていたところに、思いの外大盛りな牛肉のフォーが少々キツかった。

味はアジアの風味がして、苦手な人もいるやつだろう。自分もあまり好きではない風味だが、食べ進めるうちに美味しくなっていった。

結局完食して、胃が爆発してしまった。いい加減減量はじめないとな・・・。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
亞細亞料理サイゴン狛江店
f0157812_15161143.jpg

〆の牛肉のフォーーー
f0157812_15161387.jpg


More・・・・・5枚、ベトナム料理「サイゴン」での食事写真があります〜

by ymgchsgnb | 2018-03-27 15:41 | foods | Comments(0)
2018年 03月 18日

行列の絶えない「蕎麦きり みよた」

青山通りに、以前から気になる行列の絶えない蕎麦きり みよた という蕎麦屋がある。
外苑前と表参道の中間にあり、ポルシェのショールームの隣りで好立地。
並ぶのが嫌で気になるそぶりはするものの、今まではスルーしていたが、後輩と何を食べようかと歩いていると
いつもは行列ができてるのに、その日は一人しか店前で待っていなかった。
「これはチャンス!」と並んでみました。

待ってる間にメニューを見ていると「安い!」この立地で何この値段設定。
せいろそばなんて確か500円で、1.5倍でも560円。2人前で610円だったような!
丼モノとセットにしても1,000円を超えるものはないような感じ。
後輩とたらふく喰ってやろうと、丼モノとセットの小さい板せいろを大盛りにした。つまり丼とそばを1人前ずつだ。

自分は極みかつ丼で、後輩は親子丼でそれぞれ板せいろをつけた。
カウンターのみの小さな店内でも、厨房では多くの料理人がせっせと仕事をしている。
思いの外、待ち時間が長かったが、出てきた料理は写真の通り。やる気にさせる量と見た目じゃないか。

冷たい板せいろのそばの上にわさびをまぶし、そばの下半分をつゆに浸し一気に吸い上げた。「美味い!」
蕎麦は冷たいのに限るってもんだ。そして極みと名の付くかつ丼を賞味する。
これは!そばに劣らず「激ウマ!!!」やや火の通った黄身と火の通っていない白身にコーティングされた「かつ」は、
さっきまでサクサクだったであろう衣に、タレが染みまくって絶品。肉も多いこと多いこと。
後輩の親子丼は、曰く「相当美味しい親子丼」だったようで、鶏肉がとにかく多かったらしい。
この値段でこの味を提供され、正直消費者としては嬉しいが、日本経済を考えると実にけしからん。もっと金を取るべきだ。
これだけ食べてふたりで2,000円しなかったもん。並ぶのも無理ないわ・・・。

他にも丼モノが充実しており、鴨ステーキ丼やそば屋のカレー丼、天丼など、何回この行列に並ばなきゃならんの?と思った。
自分の中では完全に「美味しい蕎麦が食べられる丼モノ屋さん」という位置付けになった。
噂によると、立ち食い蕎麦チェーンの小諸そばが運営してるとかしてないとか。。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
f0157812_17265701.jpg
f0157812_17265733.jpg


by ymgchsgnb | 2018-03-18 18:03 | foods | Comments(0)
2018年 03月 10日

丸亀製麺の親子丼

年度末のコマーシャル撮影ラッシュに、スポーツ中継シーズンのはじまりと、引き続きのAbemaTV将棋チャンネルの仕事で

忙しくしてもらってるので、ブログの方はお留守になっている状態です。山にも行けてないし、写真撮影もできてないな。

そんな中、先日丸亀製麺へ行ったところ、そう言えばテレビでうどんだけじゃなく親子丼もやってると知り注文してみた。

しかしメニュー表に親子丼がなかったので「親子丼ってありますか?」と尋ねると「ありますよ。中と小どちらにしますか?」と。

あるならわかりやすくメニューに表記しといてね。裏メニュー扱いなのかな?

「中(490円)」を注文し、サイドメニューはレンコンの天ぷらと厚切りハムカツを選択。

意外にも親子丼は待たされることなくレジに出され、会計をして席に着いた。

元々丸亀を運営している会社が鳥を扱っているようで、鳥料理にも自信があるようだ。その名もトリドールだもんね。

早速実食。親子丼は可もなく不可もなくって言うか「普通に美味しい」ってのが本音の感想。

特筆するほど大感動はないけど、卵の半熟加減もそこそこで好きなタイプです。

何より、丸亀製麺で親子丼を食べている不思議さが良かったな。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
f0157812_10063839.jpg
f0157812_10063964.jpg


by ymgchsgnb | 2018-03-10 10:25 | foods | Comments(0)
2018年 02月 26日

「伝説のすた丼」作ってみた

スーパーで買い物してたら、こんなモノがあったんです。

すた丼のたれ

これ、肉買ってきて長ネギと炒めて「たれ」と絡めれば、家ですた丼食べられるよね?

ってことで作ってみました。レシピは上記の通り。

最後に卵黄を落として食べてみました。

「うん。ほぼほぼすた丼だ。」

豚のバラ肉で作ったんだけど、卵黄と絡めて食べたら、ちょっと脂がねっとりしつこい感じだったけど、まぁまぁ良い感じ。

実にカンタンで、すぐに出来上がるので、わざわざすた丼に行かなくてもいいかも。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
f0157812_17585547.jpg
f0157812_17585515.jpg
f0157812_17585572.jpg


by ymgchsgnb | 2018-02-26 18:01 | foods | Comments(0)
2018年 02月 16日

ペニーレイン つくば店

先日のゴルフ帰りのこと。

昨夏に那須の本店を訪ねて気に入ったペニーレインつくば店へ立ち寄った。

イオンモールの駐車場の一角にありました。

個人的にはWILD-1も隣接してて、素晴らしい場所です。

夕方近くの入店だったけど、ブルーベリーブレッドは残ってました。

後輩にも薦めつつ、目が欲しいのに任せて、2,000円超えのパンを漁りました。

翌朝、後輩からブルーベリーブレッド「止まりません!」という連絡がありましたとさ。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
f0157812_12254665.jpg
f0157812_12254790.jpg

2番人気の「フランケン」
オーブンで再加熱
f0157812_12254764.jpg


by ymgchsgnb | 2018-02-16 12:44 | foods | Comments(0)
2018年 02月 10日

かつや1号店

外食チェーン聖地巡礼の旅。

ご存知 かつや の1号店は地元の相模大野店でした。

以前から知ってたけど、ようやく行ってみた。開店から20年とのことだ。

でも暖房故障中で寒かった〜。女性店員震えてたぞ。上着着ればいいのに〜。

たま〜〜〜に、かつや行くけど、安いのに十分だよね。デフレに貢献しちゃってるよね。

安いから、キャベツ少なめだよね。

だからとんかつで食べるより、かつ丼にした方が納得するよね。

そんなこんなの聖地巡礼でした。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
かつや1号店
f0157812_14154834.jpg

食べかけ・・・
f0157812_14154822.jpg
f0157812_14154885.jpg


by ymgchsgnb | 2018-02-10 14:27 | foods | Comments(0)
2018年 01月 18日

セブンイレブン「さばの塩焼」

「セブンイレブンのさばの塩焼がうまいっすよ」
「そうそう!めちゃくちゃ美味いよねあれ!」
「今まで食べたさばの塩焼の中で一番美味い」
そんな社員同士の会話を聞いた。

コンビニのレトルトおかずのコーナーにあるやつだ。それほどまで言うなら今度食べてみるよと会話を結んだ。
そんな会話を聞いてたはずもないが、家の冷蔵庫にセブンイレブンのさばの塩焼さばの味噌煮があったのには驚いた。
シンクロニシティってやつか?

早速レンチン!して食べてみたが、確かに大変美味しいとは思うが、そこまで驚嘆するほどだろうか?
だって、これでそんなに感動してしまったら「ブランド鯖」を港で七輪なんかで焼いて食べてしまったらどうなるんだ??
でも写真で見ると皮がちょっと黄金がかって、まさか松輪漁港の黄金サバじゃないだろうな。
まぁ素直に美味しいんだけど、税込280円って安くはないよね。ただ、骨が完全に取り除かれてるのは良いと思った。
下ごしらえなく、レンジ50秒ですぐに食べられ、後片付けもいらない故の値段だから仕方がないが、自分なんかは
良い魚屋さんで鯖を数匹買ってきて、魚焼きコンロで焼いて食べるのが性に合ってるかな。

セブンプレミアムのサイトを見てみたら、さばの塩焼が販売地別で3種類あって、しかも値段が違うのなんでだろ〜。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
f0157812_12491130.jpg
f0157812_12491186.jpg


by ymgchsgnb | 2018-01-18 13:18 | foods | Comments(0)
2018年 01月 16日

鴻巣名物「川幅うどん」

赤城山から前橋方面に下ってゆくとある道の駅「ふじみ」に隣接する富士見温泉ふれあい館で温泉に入った。

そして、帰りがてらどこかで夕食でもと思った時に、上州はぶっといビロビロのうどんが有名だなぁと調べると
桐生名物ひもかわうどんだと判明した。
前橋からだと帰り方向から若干ズレてるが店を調べてみたところ、ネットで取り沙汰されている店は漏れなく休日。。
月曜休みがほとんどなのだが、この日は祝翌日で振替休日となっていた。

それならと、埼玉の鴻巣にも同じようなぶっというどんがあるのを知っていたので、帰り方向だしそちらに向かった。
それは川幅うどんと言うB級グルメで、ひもかわうどんに勝るとも劣らないようだ。
どうして「川幅」なのかと言うと、付近の鴻巣市と吉見町の間を流れる荒川が、日本一の幅らしいのだ。
日本一の川幅と言えば利根川だと思うが、国土交通省の定めでは河川敷の堤防間の距離を川幅としているので
ここが日本一の川幅を有するところなのだそうだ。

鴻巣は中山道の宿場町で、その旧道沿いにあるめん工房 久良一(くらいち)に18時30分とちょうど良い時間に到着した。
入店してみると、食べログの点数的には3.5を上回ってるが客は誰もいなかった。平日に出掛けると山も店も貸切状態だね。
目的の川幅うどんのメニューを見ると、冷製みそ煮込み白だし2537と種類がある。
悩んだ末、2537という他よりちょっと高い謎のものだが「数量限定」に吊られて注文。画を考慮して大盛りにしてみた。
2537と言う数字は日本一の川幅の距離で、2(に)は肉、5(ご)はたまご、3(み)は水菜、7(な)はナスの
語呂合わせトッピングになっているようだ。

太いうどんの割に、比較的早くサーブされた。春巻きの皮のようなものの上に少量のそぼろ肉と半熟卵が乗っていて
水菜とにんじんの刻み、細めのナスの輪切りが透明なスープに散っている。
スープな白だしかな?薄めの味だった。そして目的の麺だが太く長いので、一本を丸ごと箸で持ち上げるのは困難だった。
大盛りにするとかなり麺が多く、具材との消費配分がズレて食べても食べても無くならず、最後にうどんだけが残ってしまった。
ここまで太いうどんになると、みそ煮込みなど濃いめのスープの方が相性がいいかもなぁ。

とにもかくにも大変鱈腹になって店を出ました。今度はひもかわうどんに挑戦しよー。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
といふ〜
f0157812_09400420.jpg

川幅2537うどん
f0157812_09400265.jpg


More・・・・・あと5枚、川幅うどんの写真がありますぞ

by ymgchsgnb | 2018-01-16 10:49 | foods | Comments(0)
2018年 01月 11日

博多天ぷら

TVで見て、博多へ行ったら是非行って見たいと思う天ぷら屋さんがあった。
博多では一般的らしいが、カウンター席が主で、揚げたての天ぷらを次々出してくれるお店だった。おまけに惣菜系は食べ放題。
今では全国区だが関西の串揚げのお店的な、注文してその都度揚げてくれるタイプ。
天ぷら屋さんというと、銀座や日本橋にありそうな格式高い和食屋で、庶民には入りづらい店しか知らない。
和食レストランやそば屋で、ついでに注文できる店くらいでしか食べたことない。専門店では「てんや」 くらいか?

そんなラフでお手軽な博多系の天ぷら屋さんが厚木にあった。全然気づかなかったけど、結構前からあったようだ。
博多天ぷら食堂 なぐやというお店で、本場博多には店舗はないようだ。
店に入るや否や、食券制か・・・決まった天ぷら定食があればそれで良いけど、初めてだったしあれこれ食べてみたい天ぷらもあったし
後ろから客も来てたプレッシャーもあってか、思わず冬限定の牡蠣河豚定食(1,290円)といおう一番高いやつにしてしまった。
席に着いてからでも現金精算で自由に注文はできるようだ。

席に着くとバットに金網の揚げ皿?と、大根おろしが盛られた天つゆが置かれ、ちょっと待ったがごはんとみそ汁が来た。
ちなみに大根おろしの他に、柚子胡椒、おろししょうがなどが注文し放題。
天ぷらが揚がるまで、無料の高菜炒め、ひじきの煮物、もやしの和え物もチビチビ食べて待つ。いかの塩辛が50円と有料なのが
残念だったが注文しました。ワタなしで柚子風味なので、自分的には全然塩辛感がなく、たこわさなような感じだった。

カウンターに囲まれるように店内の中央に揚げ処があって、女性スタッフがひとりで揚げていた。そしていよいよ天ぷらが来た!
その女性が揚げたての天ぷらをひとつずつ丁寧に客に運び回ってゆく。「次は何々でーす」とか次回予告もしてくれる。
でもこれ、自分の食べたい順番では食べられないよね。さすがにメインどころが先に来て、最後に何の変哲も無い野菜とかヤダよね。
まぁそんなことにならないように、ちゃんと揚げ分けてくれるはず。
運ばれてきた順番は、えび → かぶ → 豚ロース(名物らしいので単品注文) → 牡蠣×2 → ヤングコーン(カレー塩をオススメされた)
→ れんこん → 河豚 → かぼちゃだった。実際順番的には最後が何の変哲も無い野菜ではあったが、その頃には食べ切ってない
天ぷらが溜まっていたし、「次のかぼちゃで最後でーす」と言ってくれたので、最後に河豚を残したのだった。

このスタイルの良いところは、常に熱々でハフハフの天ぷらが食べられるということ。
考えてみたら今まで、こんな熱いままの天ぷらってほとんど食べたことがなかったかもって気づかされた。
熱々なので食べるスピードも抑えられ、決して少なくないし満腹感も得られるので、かなり良かったのでまた行ってみたいと思えた。
17時の入店時がほとんど客がいなかったが、食べ終わる頃は席空き待ちになっていたほどだった。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
結構厚みのある河豚でした
f0157812_13324005.jpg
f0157812_13324033.jpg


More・・・・・あと9枚、天ぷらの写真がありますー

by ymgchsgnb | 2018-01-11 08:00 | foods | Comments(0)