Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:EF24-105mmF4L IS USM ( 511 ) タグの人気記事


2018年 12月 18日

チームラボ 森と湖の光の祭「自立しつつも、呼応する生命」

メッツァのある宮沢湖は人造湖。ウーテピルスを抜けて、その畔を右回りに歩いて行けます。

雨上がりで泥濘みも残る真っ暗な道、広い間隔でタマゴ型の光の物体が並んでます。

ひとつに触れると色が変わり、その先のタマゴに伝搬してゆきます。

対岸の森までやってくると、森の落ち葉の狭い道に沿って歩きます。やがて到着したのが湖面に浮かぶ自立しつつも、呼応する生命

工事用の足場のような階段で水辺の近くまで降りて行きます。岸辺のタマゴと湖面に浮かぶタマゴ、そして遥か対岸の彩られたビレッジ。

壮観な眺めで、自然の中にいるはずなのに、周囲の光と音とのデジタルアートが、近未来な感覚もするし、自然が自然で無くなるというか

アート空間の埋もれてるような不思議な感覚がします。

同じ構図で撮っていても、シャッターを切る度にその彩りが変化し、撮れた写真をプレビューするのが1枚1枚愉しみでもあります。

これらの作品は何も考えず単純に「綺麗だなぁ〜」と眺めてたらいいものだけど、そもそもどのような仕組みで色や音が呼応してゆくのだろうか。

難しいこと抜きに、目の前のアートを愉しめばいいんでしょうけどね。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_18070948.jpg

夜道を仄暗く照らすタマゴ
f0157812_18070957.jpg


More・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あと18枚、チームラボ 森と湖の光の祭の写真がありますよ〜〜

by ymgchsgnb | 2018-12-18 08:05 | photo | Comments(0)
2018年 12月 16日

メッツァビレッジ UTEPILS & VIKING HALL

チームラボ 森と湖の光の祭開催中のメッツァビレッジでは、17時になると一旦マーケット、バイキングホール以外のエリアから一旦退出させられ

エリア規制を行う。これはチームラボの準備および、入場ゲートを設けるためだ。

その間にマーケットホールで素敵な雑貨を物色。センス溢れる北欧雑貨に思わず財布の紐が開きっ放しになるところでした。

そして夜の撮影の前に何か小腹に入れとくかとバイキングエリアを徘徊。様々な形式の食事に目移りしてしまい決めきれなくなりかけました。

結果的にバイキングホール2階全部を占めるLAGOMに落ち着いた。さすが北欧の店、店内すべてIKEAの製品になってました。

デンマークの伝統料理スモーブローは次回に取っておいて、今回はホワイトカレーとポークのセットにしました。

仕方がないかもだけど、メッツァの食事はまぁ高いです・・・。

次回は散財するつもりで雑貨を買ったり、食事を愉しんだりしたいですね。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
ウーテピルス(ノルウェー語で太陽の下でビールを楽しむの意)
f0157812_13013678.jpg
<iPhone 7>
ホワイトカレーセット
これで1,944円 高っ!
f0157812_13013611.jpg


More・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あと14枚、メッツァビレッジでのフードエリアの写真があります!!

by ymgchsgnb | 2018-12-16 08:56 | photo | Comments(0)
2018年 12月 15日

メッツァビレッジ

2、3年前だろうか、埼玉県飯能市にムーミン谷ができると知った。

テーマパークや、北欧のマーケットが飯能の宮沢湖畔にできるとのことで、北欧デザイン好きの私としては、是非訪れてみたかったところだ。

宮沢湖のすぐ隣りには、毎年10月末に女子ゴルフトーナメント「三菱電機レディス」が開催されていて、中継スタッフとしてよく訪れていた。

宮沢湖畔の専有道路を通って中継車などを搬入するのだが、ここ数年はムーミン谷の開発だろうか通れなくなっていた。

そしてついに今秋、ムーミン谷に先立ってメッツァビレッジがまずオープンした。ムーミン谷は2019年春にオープンする。

すぐにでも行ってみたかったが、チームラボ 森と湖の光の祭の開催(〜2019年3月3日)を待って、満を持して訪れることにした。

メッツァ自体の入場料は無だが、個人的にはクルマで行くので、その駐車場代はかかる。

駐車料金は事前ネット予約で平日1,500円で、土日祝2,500円。予約しないで行くと時間貸しになり、目が飛び出る駐車料金となり

平日1時間600円で、土日祝は1時間1,000円とまるで都心のそれと変わらない。絶対に事前予約して行かないと損だ。

もちろん今回は、事前に駐車予約をしておいた。メールで届くQRコードを入出庫ともに読み取ってもらい、料金はクレジット決済だ。

今回は遅めの15時くらいに訪れた。チームラボ開催前にしばらくメッツァを散策したので、まずはその模様をば。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
メッツァビレッジへのエントランスロード
f0157812_11261666.jpg
f0157812_11261601.jpg


More・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あと20枚、メッツァビレッジの写真がありますよ!

by ymgchsgnb | 2018-12-15 12:23 | photo | Comments(0)
2018年 10月 25日

再びのパール富士ならず・・・

何年にもわたってパール富士を撮影するチャンスをゆる〜く追いかけてますけど、まだまともに撮影できたことはありません。

そんな中、チャンス到来です。

2018年10月、十六夜(いざよい)の満月。天気予報は申し分なく晴れ。雲量予報も良い感じ。

仕事も午後からなので、思い切って早朝4時に家を出発しました。

今回のパール富士は、葉山の森戸海岸から狙えて、満月が富士山頂にかかるのは5時47分。日の出1分前と理想的な場所と時間。

日の出の前後って空の色も出るし、自分的には理想的なパール富士撮影の時間なんですよねぇ。

さらに、相模湾越しで撮影すると、富士山頂までの距離は80km弱、300mmの望遠で撮影すると、富士山と満月の対比がいい感じなんです。

山中湖や朝霧高原という富士山の近くからでも撮影できるチャンスが多いけど、富士山頂に対して満月が小さくなっちゃうんですよね。

そんな相模湾越しでの好条件は、2015年の冬に三浦海岸から挑戦して撮影できなかった苦い思い出以来だ。

今回こそ仕留めるぞ!・・・・・・・・・・・・・・・・ダメでした。。

まさか、こんな結果になるなんて。。

富士山方面の雲がしぶとく残って富士山を拝めなかったんです。それ以外の空は快晴だったんですよ!

朝早くから森戸海岸に集まったカメラマンは20人くらいでしょうか。一様に残念がって帰っていきましたね。

はぁ〜次のチャンスはいつ訪れることやら・・・。

撮影日:10月25日


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D>
EF24-105mm F4L IS USM
午前5時10分
森戸海岸
f0157812_08285732.jpg

EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM
丸く見えてる時もありました
f0157812_08291904.jpg
5時50分
富士山頂の前に雲に沈みました
そもそも富士山は終始見えず・・・
f0157812_08292095.jpg


More・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あと10枚、パール富士ならず・・・の写真があります、、

by ymgchsgnb | 2018-10-25 10:38 | photo | Comments(0)
2018年 08月 09日

あつぎ鮎まつり花火 2018(3)

この花火大会、周辺の道路は規制され、道路から見やすいところは目隠し措置までつ徹底ぶり。

事故の元だしわかりますけど、あまりの鉄壁ぶりに、歩いて行くのも途中で嫌になっちゃったくらい。

都会の花火大会はストレスが多いです。キレイで大迫力の花火を見終わって気分もスッキリと行かないのは、帰りのストレスがあるから。

花火の風物詩と言いますか、渋滞・混雑は切っても切り離せないものです。

面白かったというか、会場中苦笑いだったのが、打ち上げ会場の河川敷に沿って通る圏央道から、警察の怒号が鳴り響いてたこと。

会場には作品名やスポンサー紹介、偉いさんの挨拶など進行のアナウンスがPAで鳴ってますが、それを搔き消す勢いので

「スピードを落とさないでください!」「ここは高速道路ですよ!花火を見ないでください!」などと大音量で響いてました。

会場からは笑いが起きてたほど。まぁ無理もないよ、人間の心理ってもんだから・・・。

花火の帰りに原付で走りながら、行く手に花火が上がっているのが目に入った。米軍キャンプ座間の盆踊り大会だ!

確か一昨年も同じことを思ったんだった。花火大会よりも、盆踊りついでの花火の方が風情があっていいから今度はこっちを撮ろうって。

花火サイトには掲載されていない情報だから、つい忘れちゃうんだよね。来年こそ覚えておこう〜。

付近の道路沿いにはズラーっと路駐して、みなさん空を見上げていましたよ。

ここでも警察が先程の圏央道よろしく「道路に止まらないでくださ〜い!」「車を動かしてくださいっ!」って叫んでたな笑


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_16002696.jpg
f0157812_16002610.jpg


More・・・・・あと14枚、あつぎ鮎まつり花火の写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2018-08-09 09:00 | photo | Comments(0)
2018年 08月 08日

あつぎ鮎まつり花火 2018(2)

19時に打ち上げが開始された花火。

夏のこの時間だと、マジックタイム、トワイライトの空の色が写せてキレイでいいな。

先日の本栖湖みたいに真っ暗になってからだと、写真としてつまらなくなる。

そんなこと言いつつも、露出の関係で黒バックになりがちなことを愉しんでました。

相変わらず予測のつかない写真が面白くて、レンズを望遠側にしてせっせとフォーカスリングを動かしています。

今回はそんな写真ばかりを載せています。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_15350581.jpg
f0157812_15350679.jpg


More・・・・・あと18枚、あつぎ鮎まつり花火の写真がありますよ!!

by ymgchsgnb | 2018-08-08 09:00 | photo | Comments(0)
2018年 08月 07日

あつぎ鮎まつり花火 2018(1)

神奈川県の県央にある厚木市と海老名市の間に流れる相模川の河川敷から打ち上げられる花火。

2011年2016年以来3度目の撮影です。

毎回違うポイントから撮影してますが、2011年はちょっと遠くて、2016年は厚木側の懐深く潜入できて、打ち上げ場所が見える

かなり近くから撮影することができた。

今回は海老名側の至近距離を狙うべく向かったが、なかなかガードが堅く原付でも一切近くまで潜入できなかった。

それでも近くまで踏み込んだが、歩きでも近くに潜入できず、結果的にかなり歩かされて、一般客と同じ行程を辿るしかなかった。

打ち上げ時間のギリギリに到着し、三脚を構え撮影しはじめたが、そこは立ち止まって観覧してはいけない場所らしく

みんな一般観覧席に押しやられてしまい、はじめの内は撮影もままならなかった。

一般観覧席では、河川敷の砂利にみんな座り込んで見ているので、三脚を構えては邪魔になるだろうと、一番後ろ(一番遠く)まで

下がってようやく三脚を構えられた。

付近には一眼レフや三脚を構える人は全くいなくて、写真を撮る人はここに来てもロケーションが良くないと言うことなのだろうか。

わかってる人はもっと良いポイントあるのだろう。

結果的に望遠も使わないほどほどの距離で撮影できて、撮影ポイント的には申し分ないのだろうが、機材を持っていくにはアクセスが

悪いということか。

撮影日:8月4日


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_14041319.jpg
f0157812_14041340.jpg



More・・・・・あと13枚、あつぎ鮎まつり花火の写真がありますよ!

by ymgchsgnb | 2018-08-07 09:00 | photo | Comments(0)
2018年 07月 06日

涼を求めて伊豆ドライブ(城ヶ崎海岸)

伊豆を海沿いに北上してただ帰るものつまらないので、風光明媚な城ヶ崎海岸へ立ち寄りました。

子供の頃からよく来ている場所だけど、ここも久しぶりに来るな〜。

伊豆高原にある大室山の噴火で流れ出た溶岩が、この海岸まで流れ着いて、こんな険しい溶岩だらけの海岸になっています。

サスペンスのクライマックスシーンの雰囲気満点で、犯人を追い込むには持ってこいの場所ですね。

崖のギリギリまで行って下を覗くと、荒々しく打ち寄せる波に、ふと飛び出しそうな衝動に駆られるとか駆られないとか。

沖縄辺りに台風が接近してる影響もあるのか、風も強くて波飛沫が高台まで飛んできます。

潮なのか汗なのか、カラダもベタベタです。これだから夏の海は嫌だよね〜。

梅雨が明けて、これから夏が盛りになる訳ですけど、早く来い来い秋〜!


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
城ヶ崎海岸
f0157812_16280886.jpg

門脇の吊橋
f0157812_16280731.jpg


More・・・・・あと13枚、風光明媚で荒々しい城ヶ崎海岸の写真がありますゆえ

by ymgchsgnb | 2018-07-06 08:00 | drive | Comments(0)
2018年 04月 11日

ほたるみ橋公園

妙了寺のすぐそばにほたるみ橋公園というスポットがあるので寄ってみた。

橋の上からは広大な棚田が望め、の花も咲いているので南アルプス市に点在する桃源郷のひとつでもあるのだろう。

橋のすぐ下には小川なのか灌漑用水なのか水路があり、そこに蛍が飛ぶのだろう。

初夏になれば棚田にも水が入り、風情的にも良さそうだ。

蛍を撮影しに来てもいいかも。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_14501489.jpg

蛍の幼虫がいるらしい
f0157812_14501429.jpg


More・・・・・あと8枚、ほたるみ橋公園での写真がありますのでね

by ymgchsgnb | 2018-04-11 08:00 | photo | Comments(0)
2018年 04月 10日

妙了寺

妙了寺もいつも参考にしているこのサイトで情報を知ったのでした。

来てみると、境内はの私的見頃で、風に煽られた花びらが舞い散る幻想的な状況でした。

樹齢100年を超えるという枝垂れ桜が見事&圧巻。

この日はほとんど見物客もいずに静かな境内で、ケアセンターの方々が花見に来ていた程度で、ゆっくり撮影&見物ができました。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D>
EF35mm F1.4L USM
見事な枝垂れ桜!
f0157812_13061299.jpg

EF24-105mm F4L IS USM
f0157812_13045779.jpg


More・・・・・あと11枚、妙了寺の境内での桜写真がありまーす

by ymgchsgnb | 2018-04-10 08:00 | photo